デザインと機能を融合させたハイエンドな電波腕時計

ポール・スミス ウォッチの2013年春夏新作アイテム「Closed Eyes TT mini」は,スポーティかつ、エレガンスに満ち溢れた、ミニマルな装いのタイムピース。繊細なギョーシェ彫りをほどこしたダイヤルに、品格漂う細身のインデックス。コンパクトでシャープな31ミリのケースが、大人の女性の手元にすっきりとフィットする、ジュエリッシュなデザインが印象的な一本に仕上がった。このモデルにもポール スミスらしいカラーリングセンスは健在で、文字盤とベゼル、ケースが美しいコントラストを奏でている。

また、ウィメンズラインでは初となる日本国内電波受信機能(Time Tuned)を搭載し、常に正確な時刻を知ることができるので、アクティブに行動する女性やビジネスシーンで頼れる一本となりそう。ケースバックには「Time Tuned」の証として、ポール・スミス自身が描き起こした電波塔のイメージドローイングがエングレイブされているのも見逃せない。さらにムーブメントには光発電を採用。光を電気エネルギーに変換して駆動するため、電池交換が不要なので、まさにデザイン性、実用性に優れた高機能モデルとなっている。

ベルトは、知的さとスタイリッシュさを醸し出すステンレスベルトと、使えば使うほどに馴染む上質なレザーを使用したベルトの2タイプで展開。2013年4月上旬より発売される。

オリジナルのイニシャルデザインが独自の魅力を放つ

「ジュエリーもその日の服装や気分に合わせてコーディネートする」という提案をつづける。そんなアーカーの2013年春夏新作コレクションのテーマは、「スパイスアップ」。“おもしろみをくわえ、盛り上げる”というコンセプトのもと、いつものコーディネートにほんのひとさじプラスするだけで、スタイルをブラッシュアップしてくれる、彩り溢れるアイテムが展開されている。そのスパイスアップコレクションより、シンプルながらもナチュラルで洗練された魅力を放つイニシャルネックレスが誕生。

「このネックレスを身に着けた女性が、もっともっと自分を好きになって輝いて欲しい」という願いを込めて「Me=私」と名付けられたこのコレクションは、やわらかな光を放つナチュラルなブラウンダイヤモンドを贅沢に使用し、フェミニンさをより引き立ててくれる。肌のうえで浮き立つ透かし彫りのアルファベットは、一見シンプルながら、アーカーの作家によって描き出されたオリジナルのデザイン。繊細で可憐な雰囲気のなかにも、ほかにはない独自の表情を放つアイテムに仕上がった。イニシャルネックレスはAHKAH伊勢丹新宿店のリニューアルオープンに合わせ先行発売中となり、次いで銀座三越店でも3月27日(水)より先行発売する予定。

通勤スタイルからカジュアルスタイルまで毎日使えるデザインなうえ、コーディネートにしっかりとスパイスを効かせてくれそうな新作のイニシャルネックレス。「Me=私」というコレクション名があらわすように、身につけるだけで気持ちを輝かせてくれそう。

創設者とともに超複雑モデルとして復活した伝説のコレクション

「オマージュ」は1995年、ブランドの誕生とともに発表されユニークで美しいケースデザインでロジェ・デュブイの名を印象づけたコレクション。残念ながら生産終了となっていたが、創設者ロジェ・デュブイ氏のブランドへの復帰とともに、基本スタイルを継承した限定生産の複雑モデルとしてカムバック。ふたつのモデルが新たにラインナップされた。これはそのうちのひとつ。搭載ムーブメントのRD08はミニッツリピーター機構に加えてフライングトゥールビヨン機構を搭載。このふたつの機構を駆動するのに十分なパワーを確保するために、プラチナ製のマイクロローターをダブルで搭載する。時計コレクターなら見逃せない特別な1本だ。

自動巻き、ローズゴールドケース、アリゲーターストラップ、ケースサイズ直径45mm、サイレントガバナー付きミニッツリピーター機構、フライングトゥールビヨン、世界8本限定、4011万円(予価)。国内入荷未定。

新型ムーブメントを搭載する新ベーシックモデル

クラシックなテイストを秘めながらダイナミックな顔を持つ「エクスカリバー」の新ベーシックモデル。あらたに6時位置にデイト表示がくわわった新型の自動巻きムーブメントRD640は、9時位置にスモールセコンドを備え、クロノグラフに搭載されているRD681同様にマイクロローター式の巻き上げ機構を持ち、その素材には効率向上のためタングステン合金が採用されている。ブレスレットの美しさ&フィット感も申し分のない仕上がりだ。

自動巻き、ステンレススティールケース&ブレスレット、ケースサイズ直径42mm、30m防水、新ジュネーブ・シール取得、165万9000円(予価)。今秋発売予定。