気分はキュートな女泥棒。まるで映画のような世界観

今季のコレクションテーマは「HOW TO GET A DIAMOND~ダイアモンド泥棒~」。誰もが憧れ、その輝きに取りつかれるほどの魅力をもつダイアモンドにフォーカス。世界中から集められたさまざまなダイアモンドを使い、ファッショナブルで遊び心溢れるジュエリーコレクションを生み出した。

ラインナップは、ダイアモンドが並んだネックレスや、スターモチーフにダイアモンドをパヴェセッティングしたネックレスなど魅惑的な輝きを放つダイアモンドを贅沢に用いたアイテムはもちろん、リップマークをモチーフにしたものや猫をイメージしたリングまで、幅広く展開。これらのアイテムは1本の映画を作るようにデザインされ、そのひとつひとつにストーリーが込められているという。
また、キュートな女性のダイアモンド泥棒が繰り広げるロマンティックコメディ映画を想像させるビジュアルも印象的だ。神南本店にて、8月1日(金)より新作の先行発売をおこない、アーカー全国直営店、ブランドのオンラインブティックは8月6日(水)より発売開始される。アーカーのジュエリーを作り出すドラマティックな世界観にぜひ酔いしれてみて。

「Gショック」コラボレーションモデル「DW-5600NH」発売

1990年代、エクストリームスポーツを好む若者たちのあいだで評判となった、タフなプロテクターを装備したフォルム・デザイン。N.HOOLYWOODタイアップモデル「DW-5600NH」は、そのデザインはそのままに、全面がレッドに光るELバックライトや、タフなデザインのなかにシックな印象を与える、マットブラックのベルトを装備する。

さらに、フェイスの上下に同モデルのオリジナルスペックを印字し、ケース裏面には「N.H.TPES(エヌハリウッド テストプロダクトエクスチェンジサービス)のスペックを刻印しているのも特徴だ。

また、N.HOOLYWOOD ならではの、USカルチャーからインスパイアされたダブルネームのロゴ入りパッケージも男の物欲をそそる。

当時からGショックに魅了されつづけている尾花大輔氏のこだわりが随所に配されたコラボモデル「DW-5600NH」。フォーマルなスタイルにも活躍する、大人なデザインを楽しみたい。

新作ファインジュエリーのコレクション、「ヘリテージ」を発表

「ヘリテージ」コレクションは、象徴的なウェディングリングやヨーロッパで先祖代々受け継がれる典型的なジュエリーを、メゾン独自のユニークで創造的な方法によって再解釈。愛の証や紋章に代表される伝統的なジュエリーに、あらたな文脈を描き出した。

クラシカルなリングは中心で「ツイスト」され、その隙間から新鮮な空気、あらたな場所や空間が流れ込み、ジュエリーとともにあらたな時が刻まれていくというストーリーをイメージ。家族に伝わる伝統やセンチメンタルな想いをジュエリーに落とし込み、ミステリアスで気まぐれな風を吹き込んでいる。
「Alliance」「Pompadour」「Solitaire」「Chevalière」4つのテーマで構成され、アイテムはリングやブレスレット、ネックレスなどを展開。ホワイトゴールド、イエローゴールド、ダイヤモンド、サファイアによるラグジュアリーなラインナップとなっている。メゾン マルタン マルジェラ 伊勢丹新宿店、アストラット青山店にて現在先行発売中。8月20日(水)よりメゾン マルタン マルジェラ 阪急うめだ本店にて販売がスタートする。

ヴァン クリーフ&アーペル太陽系の惑星を腕元に

14世紀に誕生した機械式時計とはそもそも、宇宙の動きを再現する機械であり、教会がこの世界の理を理解し体現していることをアピールするために作られたものだった。だから、ロマネスク&ゴシック建築の傑作として有名なフランス・ストラスブールのノートルダム=ド=ストラスブールのように、ヨーロッパの著名な教会には宇宙、つまり天体の動きを再現した天文時計を備えているところも少なくない。

最高峰のジュエラー&ウォッチメーカーとして「ポエティック コンプリケーション(詩的な複雑時計)」をテーマに作品づくりを続けるヴァン クリーフ&アーペルは、こうした中世以来の天文時計の伝統や美学に連なるコレクションとして「ポエティック アストロノミー(詩的な天文時計)」を登場させた。

ヴァン クリーフ&アーペルがSIHHで発表した「ミッドナイト プラネタリウム」は、2014年の新作の頂点に位置する美しい天文複雑時計。アヴェンチュリンガラスで作られた宇宙のように深いブルーにきらめく文字盤の上を、ハードストーンで作られた水星、金星、地球、火星、木星、土星と6つの天体の立体的なモチーフが、やはり立体的な太陽のモチーフを中心にして、本物の天体と同じ周期で公転(回転)する。

いちばん外側にある土星のモチーフが文字盤を回るのに要する時間は何と29年以上。せわしない日常を超越した太陽系のこの動きが、あなたの日常に宇宙のゆったりとした時の流れを教えてくれるのだ。

そして日常の時間は1本針の腕時計と同様に、土星の外側にある、1日で文字盤を一周する流れ星のモチーフの位置で示される。さらにターコイズ製の地球の軌道上には、文字盤最外周のカレンダー目盛りと赤い指針で設定できるラッキースターと名付けられた枠があり、設定した記念日に限りその枠の中に地球が入ることで、特別な日であることを知らせてくれる。