アナログとデジタルが融合した、アナデジタイプを採用

スーパーコピー時計は送料手数料無料で、創業25周年を記念した、数々の別注アイテムが話題を集めるユナイテッドアローズ。時計にタフネスというあらたな概念を築き上げ、ファッションシーンともクロスオーバーするデザイン性の高さが魅力のカシオのG-SHOCKとコラボレーションしたモデルが発売。

「G-SHOCK for BEAUTY&YOUTH」は、文字盤に別注の証でもある「CASIO」と「BEAUTY&YOUTH」のロゴを刻印。耐衝撃構造やソーラー充電システム、ワールドタイム受信など、G-SHOCKの特徴である高い機能性も備えた一品だ。

さらに、時計のデザインに合わせて、25周年のロゴがほどこされたボックスもオールホワイト。半永久的に使える機能性の高さと無駄のないスマートなデザインは、コーディネートのポイントとしても目を引くアイテムになっている。

ルイ・ヴィトン時の工房と名付けられたアトリエが完成

スーパーコピー時計は送料手数料無料で、ルイ・ヴィトンは1854年に創業し、キャンバス製の軽量で丈夫な旅行用トランクによって、旅する富裕層に好評を博し、それをきっかけとなって、世界中でその名を知らないものはいないほどのラグジュアリーブランドへと成長した。

「旅」はそれ以降、ルイ・ヴィトンにとって大きなテーマである。正確な時計を刻む時計は、旅に不可欠なツールであり、2002年にルイ・ヴィトンが「時間」という新たな領域に乗り出したのも必然的な成り行きだったといえるだろう。

その年に誕生した「タンブール」を皮切りに、ルイ・ヴィトンはウォッチメイキングの世界で、着実に存在感を増している。シンプルなモデルもちろん、GMT、クロノグラフ、トゥールビヨン、ミニッツ・リピーターといった古典的な複雑機構から、スピン・タイムやツインタイム クロノグラフといった独自のメカニズムまで高次元の時計を生み出すルイ・ヴィトンの工房は、現在は、スイスに置かれている。その名は「ラ・ファブリク・デュ・タン ルイ・ヴィトン」(以下、LFTLV)。ルイ・ヴィトンの“時の工房”という意味である。新工房は、ルイ・ヴィトンのウォッチメイキング技術の集大成であり、卓越したサヴォアフェール(匠の技)を体現している。ジュネーブにアトリエを構えることで、最高のスペシャリストたちが集い、クリエイティブな自主性が促され、伝統に携わる職人から先端技術に通じた有能な人材まで、さまざまな人々が一体となってイノベーションを推進している。

ウォッチメーカーとして独立した精神と一流メゾンのエネルギーが融合し、ハイテクと歴史に根ざした時計作りが渾然一体となっている。
LFTLVは、およそ4,000平方mの広大な空間を擁しており、陽光があふれる快適なアトリエ環境を実現している。

熟練した時計職人、技師、デザイナーなど「時間」に関わるエキスパートたちがクリエイティブなエネルギーを共有し、伝統的な感性を大切にしつつ、人間の手によって最高の逸品を作り上げている。
熟練した時計職人たちは、絶えずイノベーションを追求しながら、自由にクリエイティブなアイデアを巡らせる。そうした活動が、最終的には「旅」に関連する新しいコンプリケーションウォッチへと結実していく。

伝統的な巧みの技、繊細な手仕事が、時計の機能性、見やすさ、使いやすさを向上させ、新しい文字盤のデザイン、クオリティの高い革新的なモデルの開発、美的な外観の追求へとつながっていく。

キーワードはシンプリシティ、マスキュリン

スーパーコピー時計は送料手数料無料で、デザイナーのイザベル・マランが父親から譲り受けたという腕時計。彼女は、もう動かなくなってしまった形見の腕時計を御守りとして毎日身に付けているという。2012年に発表された「イザベル マラン ラ モントル」はその時計からインスピレーションを受けたアイテムだ。このたびその腕時計が進化して、ニューモデルとして登場する。

新作は、エフォートレス・シックなパリジェンヌ・スタイルで支持されているイザベル マランの世界観と呼応するかのように、シンプルかつマスキュリンな佇まいが特徴。どんなシーンでも身に着けられるタイムレスな美しさを感じさせる一本に仕上がっている。

ムーブメントは、Ronda Swiss社製クォーツムーブメントを採用。ブラックエナメルを用いたスクエアフォルムのフェイスには、バーインデックスを配し研ぎ澄まされた洗練を演出。そこにレザーバンドをあわせ、大人の手もとにふさわしい風格をプラスした。発売は11月末を予定しており、価格は8万5000円。それぞれのウォッチにはシリアルナンバーが刻印され、専用ボックスに入れて届けられる。

名門ブランドが開発したハイテクウォッチ

スーパーコピー時計は送料手数料無料で、ティソは、先進的な時計作りに挑戦してきたことで、高い評価を得ているスイスの名門である。最近では、韓国・仁川で開催された第17回アジア大会の公式タイムキーパーを務めており、高い技術力によって精度の高い計時を行ってきた。「T-タッチ」は、そんなティソの先進的な時計技術を象徴する腕時計だ。

来る2014年11月15日に発売となる「T-タッチ エキスパート ソーラー」も、新しい時計技術のパイオニアにふさわしい内容を伴っている。

その大きなセールスポイントの1つが、ソーラーパワーによって駆動することだ。晴天の下なら15分、太陽の光を浴びれば、丸1日駆動可能となる急速充電ができ、フル充電になれば、約1年間稼動し続ける。自然光だけでなく、室内照明でも充電でき、自動でエコモードに切り替わる機能も付いているため、ひとたび充電が完了すれば、ほとんど電池切れの心配はない。

さらに、「T-タッチ」がこれまで搭載してきた機能のほとんどを、この時計1本に集約している。誤差1m以内の高精度な高度計、エキスパート仕様の気圧計とそれに基づく天候予測機能、10~15°程度の傾斜させても使用できるコンパス、ラップやスプリットタイム計測機能にログブックも備えたクロノグラフ、タイマー、レガッタ機能などの計測機能、パーペチュアルカレンダー、2タイムゾーン表示……など25にもおよぶ。

これらの多岐にわたる機能の切り替えが、時計表面の風防にタッチすることででき、ボタン操作は最小限で済む。これこそが1999年以来の「T-タッチ」の最大の特徴であり、操作性の高さは他の追随を許さない。

ケースはチタン製で、軽快にして強靭。着け心地も快適そのもの。現代的で、アイコニックなデザインも、インプレッシブだ。多機能にして、ヘビーデュティ、未来志向の時計を探しているユーザーに、お勧めしたい。