ヴァンガードライジングサンをイメージしたレッドをあしらう

「ヴァンガード」は2014年に登場したあたらしいトノウ型モデルだ。ベルトアタッチメントがケースの裏ブタ側に埋め込まれ、ラグがないため卵型に近い曲線美にあふれている。一段と“樽”っぽさが強調されたダイナミックなデザインだ。インデックス書体も大型でシャープなため、スポーツ感覚にあふれている。

このモデルは、「ヴァンガード」の日本限定仕様だ。近年のフランク ミュラーは「ライジングサン」の名を冠し、レッドをあしらった日本限定モデルを展開してきたが、このモデルも、インデックスやストラップのステッチにレッドを採用し、強いコントラストを生み出している。日本限定らしいカラーリングのこのモデルが、「ヴァンガード」の日本本格展開に彩りを添える。

スポーツスタイルにスペシャル感満点のモデルが登場

ジュネーブ市郊外、レマン湖を望むジャントゥにあるのウォッチランドにて、独自の新作発表会WPHH(The World Presentation of Haute Horlogerie)を開催するフランク ミュラー。2014年に登場したスポーティな雰囲気を強調した「ヴァンガード」は日本限定モデルやトゥールビヨンを発表し、日本への本格展開に向けて華を添える。このほか、メンズでは、かつての「ダブルフェイス クロノグラフ」の限定復刻などが登場。レディスもここに紹介する「ハート トゥ ハート“トレゾ”カラードリーム」ほか新作が目白押しのラインナップとなった。

チャレンジ ジェットライナー フォージドカーボン

注目の新技術でケースを製造
フォージドカーボンは自動車や航空機で注目されている先端技術で、カーボンファイバーの繊維の方向をランダムに鋳造することで、パターンの方向に沿って裂けやすいという従来のカーボンファイバーの欠点をなくしたものだ。他方で、一段と高温・高圧で鋳造する必要があり、形状の微修正も強靭すぎるために難しい。この製造難易度の高い素材を、惜しげもなく投入したのが、この「ジェットライナー」の新作である。しかも、クストスでは、カラーガラスを鋳造の際に混ぜ込んで、ケース表面にランダムなストライプ模様を生み、アクセントとしている。ムーブメントやフィット感においても死角のない、あたらしいラグジュアリースポーツモデルの誕生である。

著しい進境を見せる新興ブランド

サスーン シルマケス氏とアントニオ テラノヴァ氏が若くして設立したクストスが、2015年、早くも創業10周年を迎えた。ハイテクな素材使い、スポーティなデザイン、ラグジュアリーな作り込みで急速に成長したクストスだが、その代表モデルであるトノウ型の「チャレンジ」に力が入っており、ベゼルやケース側面に設けたスリットにカーボンファイバーを充填したケースや、あたらしい素材である“フォージドカーボン”をケースに採用したモデルが登場。ハイレベルなケースの製造技術に、改めて注目だ。

「ホリディ(HOLIDAY)」が日本上陸 – 雑誌『ホリディ マガジン』によるTシャツやトートバッグ

雑誌『ホリディ マガジン(Holiday Magazine)』から誕生したライフスタイルブランド「ホリディ(HOLIDAY)」が日本初上陸。2016年4月29日(金)より「CPCM(シー・ピー・シー・エム)」と「bonjour records(ボンジュールレコード)」の限定店舗にて発売される。

雑誌『ホリディ マガジン』は、70年代後半まで出版されたアメリカの雑誌。その後、2014年フランス版『Vogue』編集長のEmmanuelle AltのパートナーであるAtelier Franck Durandによって復活し、ファッションのみならずライフスタイル全般にわたるプロダクトを提案してきた。

 日本で展開がスタートするのは、ロゴTシャツやスウェット、トートバッグ、キャンドルなどの品々。加えて、他ブランドとのコラボレーションによるデニムジャケットなどもラインナップする。

CUNE×初音ミク、コラボ黒Tシャツを発売 – ツインテールが絡まるユニークなイラスト

CUNE(キューン)から初音ミクとのコラボレーションTシャツが登場。2016年4月29日(金)よりCUNE各店などで発売される。

10型の黒Tシャツが展開され、1枚1枚に初音ミクを思わせるユニークなイラストが配されている。アイコニックなツインテールが描かれているものや、ミクがドクロになっているもの………。どれも遊び心がきいている。

2016年春夏コレクションでは、「生肉 IN THE SKY」というテーマを展開するなど、これまでも個性的な服作りを行ってきたCUNE。本コラボレーションも見逃せない。

 

ヨウジヤマモト神戸店に特別な空間演出

「YOHJI YAMAMOTO 2016 Spring/Summer Art Collection」が、2016年4月29日(金)から5月31日(火)までの期間、ヨウジヤマモト / ワイズ 神戸店で開催される。

期間中は、ヨウジヤマモト 2016年春夏コレクションに用いられた朝倉優佳のペインティングやドローイングの世界観が、ショップ空間に表現される。カラフルな色を重ねた重厚感のあるアクリル画や、大胆な筆跡の鮮やかなペインティング、デザイナー山本耀司の何気ない日常をボールペンやマーカーで描いた遊び心溢れる線画など、彼女の作品をフィーチャーした特別なディスプレイが店内を彩る。

 

ヴィンテージショップ「マルテ」が原宿にオープン – 元グリモワールの野村仁美、三好香織が手がける

元グリモワール(Grimoire)バイヤーの野村仁美とマネージャーの三好香織が、ヴィンテージショップ「マルテ(MARTE)」を原宿キャットストリートに2016年4月30日(土)オープンする。またオープニングスタッフには、独自のファションセンスを発信する佐々木茜を迎える。

「MARTE」はイタリア語で“火星”を意味し、“新たなる土地、未知なる感覚”をコンセプトに掲げる。内装・ブランディングに至るまで従来のヴィンテージショップでは見る事のできないクリエイティブな感覚を刺激する店作りを目指すようだ。

店内では、レディースヴィンテージ衣類を軸に、オリジナルアイテムやセレクトアイテムなども取り扱い、新たなスタイルと価値を提案。ヴィンテージアイテムは、欧米・欧州・アジアなどに直接赴き、商品を一点一点セレクト。1920〜80年代を中心としたヴィンテージワンピースやボトムス、トップスなどを中心に、シューズ、ベルト、バッグ、アクセサリーなどの服飾小物も展開する。

 

ブランド初の10進式ミニッツリピーター

ボタンを操作すると現在の時刻を音色で伝えるミニッツリピーターは、トゥールビヨンと並んで、機械式時計最高の複雑機構である。それをブランドの象徴的なモデルのひとつであり、独創的なデジタル式の時分表示を持つ「ツァイトヴェルク」に搭載した。

この時計のために開発された、自社製Cal.L043.5を搭載し、【低音=時、重複音=10分、高音=分】と、真ん中の重複音が10分単位(通常のミニッツリピーターは15分単位)という、珍しいが、わかりやすい機構を採用。

音響にもこだわり、音感に優れた時計師が2つのハンマーとゴングの奏でる音の余韻にまで配慮して、ケースや機構を調整する。創業者の生誕のメモリアルに相応しい、逸品時計が誕生した。

ケース|プラチナ
直径|44.2m
厚さ|14.1mm
ムーブメント|手巻き(Cal.L043.5)
パワーリザーブ|36時間
機能|回転ディスクによるデジタル式時分表示、10進式ミニッツリピーター、パワーリザーブ表示
ストラップ|アリゲーター
防水性|日常生活防水
発売時期|11月以降予定

象徴的なモデルに最高難度の複雑機構

2015年は、ブランドの創業者にして、かつてのザクセン王国の宮廷時計師として活躍した、フェルディナント・アドルフ・ランゲの生誕200年。ブースは「200」の数字とともに、偉大な先人の事績を改めてトリビュートする展示に彩られ、ドイツ時計の歴史の深さを再確認させられた。かつてアドルフ・ランゲがその師とともに製作した、ドレスデン・ゼンパー劇場の5分時計に着想を得た機械式デジタル表示モデル「ツァイトヴェルク」に、ミニッツリピーター搭載モデルが登場。ブランドのたゆまぬ前進を、このメモリアルイヤーとともに印象付けていた。