最新号の内容を見る デジタルマガジン 年間購読 Amazonから購入

ドン ペリニヨンは、ヴィンテージ シャンパーニュのみを生産することでも知られるが、長期に渡る熟成をへて、さらにそのポテンシャルを開花させる点においても特筆すべき存在である。

実に、最も若いヴィンテージで8年以上の熟成期間をへて世に送りだれる。だからこそ、味わい深く美味しい。そして今回、世界のNARISAWAとタッグを組んで展開されるこのエクスクルーシブな体験において供される「ドン ペリニヨン P2」は、16年という熟成の期間をへて我々のもとに届けられる、究極のシャンパーニュなのである。

この段階になると、ドン ペリニヨンの持つ味わいの奥行き、広がりが余すとこなく表現され、鮮烈なまでに我々の感覚を呼び覚ますのである。

この力強さの全容をあらわにした「ドン ペリニヨン P2」ワールドを余すところなく体感できるイベントが催されるという。

“P2.Meet the ultimate Dom Pérignon ”なる一軒の館が、期間限定で都内某所に出現。そして、『World Best Restaurant 50 2015』でアジア最高位である8位を獲得した「NARISAWA」の成澤由浩が料理を担当することとなった。

「食べ手には、自然の力を存分に吸収してほしい」と語る、GQでも度々登場の成澤シェフによる里山キュイジーヌと、フランスはシャンパーニュ地方の自然(その年毎の自然の恵みを反映する選りすぐりの葡萄)のポテンシャルを究極のレベルにまで凝縮させたドン ペリニヨン P2-1998のコラボレーション。

成澤シェフがドン ペリニヨン P2 のために考察を重ね創り出すまたとないガストロノミックな体験を、2週間の期間限定で登場する特別な空間で五感を研ぎ澄ませ、楽しみたい。

 

最高のギフティングとは? 別所哲也、「感謝の連鎖」を語る

感謝の連鎖

「ショートショート フィルムフェスティバル」は、アカデミー賞の公式映画祭をはじめ、世界のさまざまな映画シーンで知られる存在だ。ファウンダーの別所哲也氏によると、立ち上げ当初は”語り始めたらキリがない”ほど数多くの、悲喜こもごものエピソードがあったという。そして、当初からの“感謝の連鎖”が、いまの成功につながっているのではないか、という。

ジョニーウォーカー ブルーラベルがネット配信するショートフィルムの第2弾、「紳士の賭け事II」がここで思い起こされる。主演のジュード・ロウがイタリアの田舎の邸宅の納屋に眠っていた戦前のグランプリ・レーサー、”ドライエ135S”をドライブして、24時間以内にモンテカルロに到着できるかどうかの賭けに挑む、というのが、そのストーリー・ラインである。途中、ロウはさまざまなトラブルにあい、そのたびに見ず知らずの人に助けてもらって、ついにはゴールにたどり着く。「感謝」と「ギフティング」がモチーフとなったこのフィルムに関連して、別所哲也氏はみずからの経験をまじえて、語ってくれた。(NEXT PAGE)

1:00AM 「自分らしく過ごせる時間が始まる」 藤原ヒロシ

「ダラダラした時間を過ごすのが嫌いなんです。タイムリミットのある仕事は、だいたい締め切りより前に終わらせます。時間にはきっちりしているタイプだと思います」

クリエイティブ・ディレクターとして、ミュージシャンとして、あるいはプロデューサーとして。さまざまなスタンスで活躍を続ける藤原は、日々どんなふうに時間と付き合っているのだろうか?

「起床は、だいたい午前10時半。仕事は、だいたい午後からです。予定がある日は、いくつかミーティングをしたり、夕飯を食べたりして帰宅するのは午後11時くらい。ルーティンの仕事はないので、日々予定は異なりますね。昼間に作曲をしていることもありますし、夜中に誰かと会ったり、電話でカンファレンスコールをしていることもあります。海外とのやり取りも多いので、昼夜の区別があまりないんです」

いちばん自由で自分らしくいられるのは、深夜だという。

「完全に自分の時間と呼べるのは、午前1時くらいからですね。そこから朝5時くらいまでがひとりで自分の作業に没頭できる時間です。深夜にのんびりとした気分で作曲やデザインを行っています。デスクはないので、ソファでギターを弾いたり、ベッドでラップトップパソコンを使ったり。寝るのは、だいたい寝落ち(笑)。目が覚めたら、ラップトップが開いたまま置かれているので、それを閉じてもう一度寝るというのが朝の日課ですね」

そして朝起きると、部屋を見て驚くのだという。

「昨日片付けたはずなのに、譜面とかいろんなものがあちこちにとっちらかっている(笑)。夜中の時間は本当に自由に過ごしているから、そういうことを気にしないんですよ」(NEXT PAGE)