ジンのフェアが東京・新宿の伊勢丹で開催中

本日から東京・新宿の伊勢丹新宿店で、ドイツの実力派ブランド・ジンのフェアが開催中です!
今回のフェアでは、高い機能性が魅力のジンの人気モデルが集結していて、気になるモデルがある人にはおすすめ。その上、テクノロジー・キットなどジンの世界観すべてが堪能できる展示も行なわれているので、ファンなら足を運ぶことをお奨めします!
また、絶賛発売中の『腕時計王』2016年5月号で予告したとおり、このフェア限定で発売される特別限定モデル、「356.ISETAN」をここで大公開します! 今年発売20周年を迎えた人気パイロットウオッチ「356.FLIEGER」がベースのこのモデル。時計としての視認性をさらに高めるために、レギュラーモデルに存在する9時位置の永久秒針と、3時位置のデイデイト表示をあえて廃した、デュオクロノグラフのスタイルを採っています。また6時位置の12時間積算計も、3・6・9・12表記のシンプルなタイプに変更されています。針とインデックスにはアイボリーカラーの夜光処理が施され、強化アクリル風防と相まってヴィンテージなルックスが魅力的です。税抜価格29万円で、50本限定なので、興味ある方はお早めに!

ウブロのポップアップブティックが表参道ヒルズにオープン

ここ最近、ポップアップスタイルの期間限定ショップが増えて、外出する楽しみが増えました。そして今日から、ウブロのポップアップブティックが東京・表参道ヒルズにオープンしました。
このポップアップブティックでは、ウブロのアイコンでもある「ビッグ・バン」コレクションをはじめ、最新作や日本限定モデルを多数ラインナップ。直営ブティックのポップアップならではの、幅広い品揃えが魅力となっています。また、レディスの日本限定モデル「クラシック・フュージョン パールホワイト ダイヤモンド」も先行発売中。期間中に時計を購入した方には、スペシャルギフトが用意されています。
さらに、5月21日(土曜)~27日(金曜)の間は、表参道ヒルズ内吹き抜け大階段で、特別展示「HUBLOT SPECIAL EXHIBITION」が開催。ヒストリーパネルの展示やスペシャルムービー、2014FIFA ワールドカップ ブラジル™で使われた本物のレフリーボードを一般公開します。ウブロアンバサダーであるウサイン・ボルト、ペレ、田中将大、ヴァイッド・ハリルホジッチらの貴重なサイン入りアイテムや愛用時計も見ることができます! また特別展示期間中に、会場やポップアップブティックなど表参道ヒルズのウブロにまつわる写真や映像を、ハッシュタグ#HublotLovesOmotesandoを付けてフェイスブック、ツイッター、インスタグラムに投稿すると抽選で貴重なサイン入り展示アイテムの一部がプレゼントされる、ソーシャルメディアキャンペーンも行なわれます。

1972年製ホイヤー カレラがサザビーズオークションで22万5000スイスフランで落札

サザビーズが主催する”Important Watches”という時計オークションがあるのですが、2016年5月14日のオークションで、1972年製のホイヤー カレラ クロノメーター キャリバー12 マニュファクチュール 18Kモデルが、22万5000スイスフラン(今のレートで約2500万円)で落札されたそうです。
この時計は、ジャック・ホイヤーからロニー・ピーターソンに贈られたもので、ケースバックに”SUCCESS RONNIE PETERSON FROM JACK W. HEUER”という文字が刻まれています。ロニー・ピーターソンは1970年代に活躍したF1ドライバーで、STPマーチレーシング、JPSロータス、エルフ・チーム・ティレルなどで大活躍をしたレジェンドです。またこの時計には、1972年のF1ドイツグランプリ(ニュルブルクリンク)での活躍でピーターソンに贈られた(ジョー・シフェール・アワード)、金のインゴットも付属しているそうです。時計のすばらしさと共に、F1の歴史を振り返ることができる、希少なアイテムだと言えます。