MoMA DESIGN STORE厳選の8モデルが登場

1976年に日本で誕生して以来、誰もが手に入れられる価格帯で、品質の良い時計を提供している「Q&Q(キューアンドキュー)」 。今年6月に日本デビューした新シリーズ「Q&Q SmileSolar(Q&Q スマイルソーラー)」のポップアップコーナーが、8月31日までニューヨーク近代美術館MoMA のミュージアムショップ「MoMA DESIGN STORE」で開催されている。日本で取り扱いのある16モデルの中から「MoMA DESIGN STORE」が厳選した8モデルをラインアップ。カラフルなデザインが、世界中から集められたアイテムとともに、店頭をにぎやかに彩っている。

「TIME FOR EVERYONE……幸福な時を、地上のすべての人に」をコンセプトに、使いやすさと環境に優しい機能性を追求している「Q&Q SmileSolar」は、光発電を使って充電するメンテナンス不要のエコ・フレンドリーなモデルだ。また、アジアやアフリカの子供たちに学校給食を届ける活動をおこなう非営利団体Table for Two に、収益の一部を寄付していることでも注目を集めている。

9月にはディオール銀座店にてブライダルフェアを開催

クリエイターを務めるヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌが紡ぎ出すジュエリーは、ひとつひとつにストーリーを秘めている。

フランス語でバラの茂みを意味する「ボワ ドゥ ローズ」は、花を使わずに茎と棘でバラを表現したデザインが特徴的。「指にからみつくバラの茎は永遠の愛の象徴」と、ヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌは語る。「ローズ ディオール バガテル」は、ムッシュ・ディオールがもっとも愛した花、バラをモチーフにしたコレクション。バガテルとは、パリ市ブローニュの森にあるバラで有名な植物園で、フランス語で「小さくて愛らしいもの」を意味し。クチュールメゾン・ディオールを象徴するバラモチーフに、伝統的なノウハウをほどこしたハイクオリティなラインナップを取り揃えている。

「マイ ディオール」は、メゾンを象徴するカナージュ模様を用いたジュエリーコレクション。パリ最高級のアトリエ職人による彫金細工で、ぬくもりある籐の編み込みの風合いを繊細に表現。カナージュの縦横が交差するデザインは、絆や人生の節目を象徴しており、ブライダルリングとしても最適なシリーズだ。

ディオール銀座では、9月13日(土)より9月28日(日)までブライダルフェアを開催。期間中は、ディオール ファイン ジュエリーのブライダルラインをはじめ、ブライダルシーンにふさわしいジュエリーを一同に展示。なお、期間中購入者には、ディオール オリジナル リングピローをプレゼントしてくれる。

フラッグシップモデルの「エコ・ドライブ サテライト ウェーブ F100」

シチズンは、2011年に世界ではじめて人工衛星から時刻情報を受信して正確な時刻を刻む衛星電波時計「エコ・ドライブ サテライト ウェーブ」を発表。そして2014年、受信時間を短縮し、全世界40タイムゾーンに対応しながら、もっとも薄い衛星電波時計「エコ・ドライブ サテライト ウェーブ F100」が誕生する。

「エコ・ドライブ サテライト ウェーブ F100」のコンセプトは スピード。広い空があれば地球上のあらゆる場所で、衛星電波を最短3秒で受信する新ムーブメントを開発し、高速モーターも搭載。さらにコンセプトにもとづき、シャープなデザイン、軽量化を目指し、チタニウム素材をもちいたケースは衛星電波時計として世界最薄となる12.5ミリを実現した。

またソーラーパネルをモチーフに表現した文字板デザインは人工衛星の発電システムをイメージ。2時と4時に位置するプッシュボタンは人工衛星のフレームをイメージした空洞状のデザインがアクセントとなっている。そして、光発電エコ・ドライブならではの世界初となる機能「ライトレベル・インディケーター」では、文字板に当たる光による発電量を7段階で表示することで、その場所での発電量を一目でわかるように。また、時計自体がもつ精度を従来の月差±15秒から5秒へと飛躍的