SFタッチでアレンジしたプラモデルがTwitterで注目を集めています

この作品を作ったのは、国内外で活躍している画家の中道耕平さん。バンダイから発売中の市販キットがベースなのですが、ウェザリングによる錆の表現や、追加された装備品によるディテールアップで、USAピョンが歴戦の宇宙飛行士のごとき姿に。

そもそもUSAピョンは、初めて宇宙に行く動物として育てられるも、エンジンテストの事故で死亡し妖怪になったという、悲しい過去を背負ったキャラクター。このアレンジ後の姿ならば、悲願の宇宙行きも十分に達成できそうですね。

最新モデルのスマートウォッチ「SmartGear53」予約開始

本製品は、Omateブランドの最新モデル「Omate Rise」をベースとしたもの。3G通信に対応し、OSはAndroid 5.1、nanoSIMカードを搭載。単独での利用に加え、AndroidスマートフォンやiPhoneともBluetoothで連携し、電話は本体のSIMか親機のSIMか選択も可能だ。本体にアンテナ・スピーカーを内蔵しているため、ベルトの交換も行える。

プロセッサはMTK2601(1.2GHz/デュアルコア)、メモリは1GB、ストレージは8GB。1.3型(360×360ピクセル)のディスプレイやGPS、IPX7相当の防水性能(AppBar会員限定保証対象)を備えている。日本語にも対応し、オプションとして心拍センサーも用意している。

予約は有料会員専用サイト「AppBar」限定で、300台のみ。価格は予約を完了した時期によって異なり、2月25日までは2万8000円(税込、以下同)、3月10日までは2万9500円、3月25日までは3万1000円、4月10日までは3万2500円、4月25日までは3万4000円、4月26日からは3万5000円となる。一般発売は6月を予定し、価格は4万8600円(税別)。

音声でのメッセージング入力(ハングアウトやWhatsAppなど)

一部のメッセージングアプリで、インスタントメッセージを音声で入力・送信できるようになる。例えば、マイクに向かって「OK Google、鈴木さんにWhatsAppメッセージ送信、5分遅れます」などと言うことでメッセージを送れる(アプリを指定しないとSMSとして送信される)。本稿執筆現在、対応するアプリは、WhatsApp、WeChat、Viber、Telegram、Nextplus、ハングアウト。

音声通話(スピーカー搭載端末のみ)

Huawei WatchやAsus ZenWatch 2のようにスピーカーを搭載する端末では、Bluetoothで接続しているスマートフォンに着信した電話にAndroid Wear端末で応答できる。電話アプリを使用して、Android Wear端末から電話をかけることもできる。「Glide」のようなビデオメッセージングアプリをインストールしていれば、動画チャットが可能だ。