永遠の砂時計、腕時計を殘Magnus韶華のはかなさ

砂時計と光陰
時は流れて、韶白頭が、瞬く間に。白駒の隙を過ぐるが如し形容時間では、あまりにも遅い。私は始皇帝に精錬丹薬死なない不老長寿たい、あるいは人々が発明した砂時計を測定する時間は、科学者たちが努力して実現の突破光速時間逆流して、の目的のひとつは、保持時間。
今の私たちにとって、砂時計は1種の測定する時間のツールだけではなくて、それはもっと多くの愛情を象徴して、友情と友情と幸福。もちろん今、私たちも砂時計を飾り、深々と、さすっ、さすっ、心の感慨を表現することができます。人は、つかの間の光陰も触るすなわち散の思い出は特に執着して、さて、1項のMagnus記録のすべての美しい腕時計が、いつでも、どこでもできる、往事を追想する。
Magnus時計技術の頂
Magnus自動機械式時計はアメリカは、75年タブの経験を持ってアメリカAWPMグループ設計開発、Magnus腕時計採用透かし彫り技術、完璧な解釈して死去する時間。上質の材質と優れた技術でも、すべてを体現しているAWPM時計に品質の要求だから、限りMagnusの腕時計も出ていると識別あふれるコンテンツ。
このMagnus HALIFAXシリーズ機械式時計両面透かし彫りの技術を採用し、正に砂時計のように、心臓の一回の鼓動と満目韶華が更に精妙な指針の間。その精密な秒針のすべての搏動、すべて靑春の靑春の息が充満している。また、両面透かし彫り技術もまさにMagnus時計の特徴は、まるで完璧な技術と素敵な芸術の完璧な結合。それをかけ、そこまで歩いていくのは、そこには注目だ。

潜水表:防水外の5つの大きな効果を取り除く

水も划动腕も操作機器も、私たちの腕時計が柔軟に向けて、この時に密着し、腕に固定。たくさん潜水表組み立てたメタルバンドが、海水中の化学成分がその腐食に軽いので、依然としてアドバイスは、潜水中に代える防水性や耐腐食性の良いラバーバンド、今もブランドは専門に開発したズックや人造繊維バンド、それは同様によい選択。
Bell & Ross INSTRUMENT BR02深く潜行シリーズの腕時計
広いゴムや人工繊維のバンド、リザーブのバンド長さが十分に、十分な水の下で保温ダイビングに保温することができます。
機能2回転式スリップスリップ
一つの時計が一番取水しやすい部位はどこにありますか。答えは絶対リスト、リスト冠は、唯一のChinaUnicomの外部と。水を防ぐためにを通じて表冠にムーブメント時計職人たちの開発というねじ込み式表冠の設計―――表冠の接続に加入ゴム製の防水パッキン、当表冠ゼンマイされる時、水が厳密にする時計以外(類似私達の家庭の中に先のゴム管バルブパッド)。また、ダイビングテーブルのアップグレード、彼らはもっと大きい時計の冠を持って、その上に深いくぼみの処理、水の下で操作する時更にスリップして便利さと便利さと便利させる。

古詩古詩丹機械の時計の芸術性と収蔵の価値

機械シート、文字テーブルはもちろん、機械構造の時計。現在の市場ではほとんどの安価な時計は石英時計や電子時計、電池を使用して元の動力とする。で機械表はこのバネを締める、内部部品の移動に達成時報の機能。しかし、時間機能から見てみると、機械の時計は完全に石英時計や電子時計は携帯電話よりも。ほとんどの機械表が必要40-48時間ごとに大急ぎで一度バネ、つまり、ほぼ毎日起きて必ずしたことは、機械に表のねじを巻くと時間。これは忙しい都会の人にとってはわけもなくティムことは何?
どうしてそんなに多い人は大きい値段でこの実用的な機械時計を買うことを買いますか?マニュアル機械は良いか、自動機械の時計がいいですか。誰が悪い、誰が悪い、今の機械の時計のほとんどが自動的な!自動的に、基本原理には何の違いもありませんが、自動鎚の代わりに、自動的に手に取って、自動的な基本的な原理が増えてきました。手動表が時限上条は、自動表が必要な活動量が、活動量が足りない場合がある時誤差大き目あるいは止まって、世界であるかもしれないが永久機関、エネルギーは保存.まず、良い機械時計はすべて手作り、例えば江诗丹顿(Vacheron Constantin、カルティエあげ、ロレックス(Rolex)、名威Merveilleなどはすべてあれらの時計匠達数十時間で、専用の顕微鏡作業後の成果。まさに現代社会のほとんどの商品のように、もし手作りならば、価格も手を伸ばしていて、機械表も同じの道理。機能が多ければ、部品が多くなり、値段も高いです。かかる時間が長いから。
次は機械表の独自性。大量生産の電子時計、石英は異なって、手の製造の機械表はその代わりに取って代わることができない独特性を持っています。高価な機械表の裏に手作りの模様を刻む、これらの模様を刻むようにそれぞれの時計は匠の署名は、すべての人はそれぞれ異なる。だから、毎に形は同じ形でも、それは独特のものだ。そしてクォーツと電子の表では科学技術大ロット生産機械表流水でなく他の動力で駆動歯車バネ、精密度要求が非常に高く、良いムーブメントを表現するには優れた制作技術。
機械の時計の芸術性について説明して、機械の時計の芸術性です。機械時計はデザインが表殻文字盤などの制作技術、パッチワークが出てくるのは工芸品は、一種の芸術と機械の結合の産物であり、販売のは機能ではなく、美しくて、ぜいたくや生活観。女はジュエリーを購入し、ジュエリーで自分の身分を示すように、男の「ジュエリー」は腕時計です。宝石である以上、設計、美しく、芸術などの追求、工芸品、もちろん、収蔵価値があります。その手動の機械の時計と自動機械はどの種類が更に収蔵価値を収集しますか?実は、2種類は収蔵価値、価値、その価値は:生産の年代、ブランド、完璧とする程度の。