深さ剖析ブランパン「時間等式」高複雑時計

アインシュタインの発表相対論以前、私達はいつも時間の流れてやまないようにと思って矢のような簡単明瞭な道を前へ―毎日24時間、合1440分、1分1秒も悪くない。ただし、天体の運行のため、一日の実際の時間の長さは人々に広く認識の24時間ではなく、そろそろ24時間の基礎の上に増やしたり減らしたりじゅうご分ぐらい(正確にはマイナスじゅうろく分23秒がじゅうよん分22秒間)。
オーデマピゲ表1925年創造した史上初のブロックを表示することができる時間等式の万年暦懐中時計、当時においても偉大な動き、その歯車ペンティアムの時代、この「不要」の時間等式、複雑な機能のような他のできないように広く伝わってゆく。2010年に発売されたこと、オーデマピゲは同時に表示サンセットサンライズ時間等式腕時計;芝柏その後も1966シリーズで訪れる時間等式カレンダー時計;同年、オフィチーネ・パネライ展示を搭載した時間等式の腕時計、限定さんじゅう枚を標榜するブランド「史上最も復雑な腕時計の一つ」、本当に力に2011年に発売したコロンブス時間等式表項、最近は「Presse」を受賞オーストリア年度の最優秀腕時計選考大賞のベスト高複雑時計賞。そのほか、近年ほとんどその行方难觅時間等式。
時間の等式のは結局多難がありますか?まず、それだけが万年暦機能の腕時計に。これは出雲の神の縁結び必ず同時に現れて、本当にようやく現れ一年時間の状況変化―時間等式指示を示した太陽日の長さを実際の状況変化。万年暦で示した月の長さの変化状況。両者が結合して、ブランドの技術のピークと言われ、全く疑いもしない。
2004年、時間等式指示機能の時計、すべて時間のずれの差分指示を提供しました。2004年のバーゼル表展にブランパン発売Le Brassus Equation du Temps Marchante腕時計の後、状況が変わる。この腕時計は、正負の時間等式、太陽時の針を、時計の制作歴史にはかつてないことがある。

専門家は陀勢車の回転に捕えるて縦機構の仕事の原理を剖析して

表の位差は主に摆轮のアンバランスや糸遊仕事をえこひいきして、この2つの要因は別別にその差が180度時速度による影響とは正反対の。そこで、彼は逃げ機構と摆轮糸遊システムと配置で回転ラック。このステントは、秒軸に取り付け、1分ごとに回転する速度で。だから、摆轮と陽炎の重心を経験しさんじゅう秒(方位ごとが180度転換、こんな、二者がえこひいき時ちょうどによる速度が相互補償。そこで、「陀の勢車」は、回転によると、縦走スピードガバナ。ブリネルで置かれた年代で、技術的条件を制限し、摆轮できない非常にバランス。彼は変化方位の方法を採用して、その影響を解消するには、非常に巧妙な発想に違いない。
宝氏「陀の勢車」は製造上の要求が非常に精密で故障し易い。それは、秒軸上の、普通の時計はもっと大きな電力を消耗し、先天性の欠点になり。1894年、イギリス人邦尼グラムの森(Bonniksen)で作られた別の1種の回転逃げ機関「カルーソ」(Karrusel)。バオの「陀勢車」の違いは、速度比で約40倍もの速度が約40倍になるという。そのためには、電力の消費量が大幅に低下することができる。製造と調整に便利になってきました。しかし、方位変換の週期が長くしたので、位差の補償に前者より有効。

専門家はあなたにどのように機械の時計を買うのを教えて

機械の時計の品ぞろえの基本的な方法
(1)全鋼と半鋼
機械の腕時計は全鋼と半の鋼の時計の分があります。いわゆる全鋼、半鋼殻の材質は腕時計、全鋼表は、ケースと表カバーはすべてステンレス製で、半鋼表そのケースは铜质クロムめっき、後はステンレスの、両者ともムーブメントの品質とは関係ない。
表のくぐり数
多数の文字盤が刻まれてその表のドリル数(例えば21ドリル)と週波数数(例えば21600)、ドリル数の多少は測定機品質マークの一つの表。表の機能によって、普通の機械式時計要求17—19ドリル、自動表要求25—30ドリルで、多すぎるドリル数表機の性能の作用は大きくなくて、装飾用のようにただ。しかし腕時計の週波数は高いほどいい、その頻度は、渡船毎時間スイングの回数は、週波数、18000度以下の者には、低週波表(遅い振り)、21600度以上の者は、高週波表(速い振り子表)、頻度が高いほど時ほど正確。
(3)機械表の品種
機械の時計の品種は普通の時計、カレンダーの時計と自動表と機械のカレンダーの自動時計、すべて機械の時計の基礎の上で1セットの日めくりの装置あるいは自動装置を増加します。そして日付の単カレンダー時計だけが現れて、甚だしきに至って周历カレンダーの双カレンダーと全暦表。
自動装置の自動鎚、自動装置の活動には、自動、自動装置の自動鎚、自動的な運動によって、機械的な運動をします。自動と半自動と半自動で、全自動は、いかなる方向運動にも発条を條、半自動では単に方向運動のみでバネを巻く。後者はすでに淘汰されて、生産にはなくて、だから新しい自動的はすべて自動表。
(4)機械の時計は高級の時計、中級の時計と低級の時計と3つのレベルの時計と3つのレベルに分けて、高級時計、中級の時計と3つのレベル。この3つのレベルは機械腕時計機械構造と性能の特徴とする。
a .高級腕時計。を採用し、そのバイメタル開口摆轮、または採用合金材料で作っ摆轮;摆轮上のネジを下らないじゅうろく;がじゅうななじゅうしち以上のダイヤモンド素子;2発条、その材料の温度係数めったには「三防」(防水、耐震性能、耐磁);1昼夜歩く時誤差、正と負のさんじゅうから5LS;通常の条件の下で、使用寿命はさんじゅう年以上。
b .中級の時計。採用合金摆轮、摆轮にネジでじゅう以上;じゅうご以上のダイヤモンド素子;平糸遊は耐震、耐磁装置、昼と夜の誤差はマイナス5~60s時の間に、正常な情況の下で、使用寿命がじゅうご年以上。
低劣の時計。銅合金を採用し摆轮;スクリュー;ダイヤモンド素子でななしち以下(ある無ダイヤモンド);無「三防」で、昼と夜の時、正と負の80s誤差程度、使用寿命に2年以上。
実物テスト「5」の実物試験
a .検査は自動的に併ているかどうか。方法は、ねじまきを停止したテーブルをそっと手に取り、ゆっくりと、秒針、秒針、秒針は、ぜんまいの開始に従って回転する、でなければ、標準に適合しない。
b . b .検査表は各位置の音を検査する。右は発条と、表面を上に、下に、右、左、右、右に、各方位の頻度のリズムは、基本的には、右、発条、音は、右には、音の音を耳にする必要がない。
C針試験。針の針をする。撥の感じは松永ないと感じて、しかし、しかし撥時、秒針は止まりませんあるいは回転して回転して正常な現象です。
d .自分の好みによって、形のデザインを选。また、注意するべきで、表組立調和検査時にも、採用「静態デバッグ」を手に、腕時計のために運動会による動誤差をどうしても遅く時、また、腕時計を使って長い時間も日に日にどうしても遅く。そこで、「静的デバッグ」では少し速く何秒も適当に。