ラルフ・ローレン(Ralph Lauren)更新経典Chunky Chainシリーズジュエリー

ラルフ・ローレン(Ralph Lauren)2017年更新経典のChunky Chainシリーズ、共じゅうはち件を含め慎重に作成する作品。ブレスレット部分を含む18項でバラ金Cuffブレスレット、新たな一本鎖ブレスレットだけで装着するのも、シリーズのIDブレスレットを畳む。チェーンブレスレットシリーズは、まだ含めチェーンネックレスデザイン、材質が18バラの金や銀選択肢を研磨。また、精緻な指輪やチェーンHoopイヤリングもよそ構想。シリーズ中の18金金も個性的なダイヤモンドバラカスタマイズサービスを刻む。

シンプルで爽やかでかっこいいかっこいい!ブロガーのMadelynn Furlong宝石箱

Madelynn Hackwith Furlong 2010年から経営自分の個人ブログ「Wide Eyed Legless」にニューヨーク、今や夫に戻れMinneapolis、クロスミシシッピ川両岸、気候とハルビンに近い都市。ブロガーの身分を除いて、彼女はターゲットデパートの補佐のデザイナーや、Hackwith Designハウスのスタイリスト。
ニューヨークの极简スタイルMadelynnが小さいの影響が、彼女のこのシンプルそうにより快適とさわやかに、非常に気にしない表現いくつかかっこいい小主張。Madelynnのジュエリーは鮮やかに北欧を追求し、究極のシンプルと文芸の調子は感。Madelynnが巧みに使ってすぐのいくつかの元素が、決して自分の性を破壊する、これも大幅に増加した彼女の魅力指数。

間違いなく着て「黒+白+金」として」!ダーリンの非黒は白さん

人はいつも、色彩の能力と評定衣Qの重要な標準で、しかしもしあなたは色に対しての感度を上げるとかも、また同じは何か新しい取り組みインスピレーション、そんなに選択黒と白の服装間違い。しかも白黒身なりもそう簡単ではない、それはよく細部に必要以上に多くの工夫。欧米型たちが賢いとさぼっのやり方は、金色のジュエリーをプラスしている。
常に文芸のイントネーションの金色のイヤリングを連れて白黒の服装はこれまで間違いがありません。コンパクトなデザインがもっと簡潔に明るくて、Oversize大廓型のデザインのもっとおしゃれに言いふらして、ある時、1匹のイヤリングを変えることも全体の気質。白い廓型羽毛ジャケット見て吃驚聞いて吃驚のしなやかに見える、組み合わせの黒タートルネック楽を際立たせ金色Hoopピアスの質感;白いスーツコーディネートタートルネックより見優雅ですが、あなたは気にしない袖口にぶつかって色の小さな喜びを。

邓超配しタグHeuer豪雅合肥銀泰センタービルの専売店が開幕

世界で初めての逸品のグループとして大路威酩軒グループ傘下のスターブランド、HOYAと呼ばれたスイス」タブのモデルとして、創造したタブ業の無数の伝奇。今まで中国市場進出、豪雅は中国が急成長し、今は、豪雅は合肥で銀泰センター開設豪雅は安徽省の初の専売店では、そのブランドの深い文化の詳細153年以来、以下に新しいシリーズの傑作と、絶えず古きを去って新しきに就くの腕時計や通信製品、豪雅は中国になる人の夢を優先する。
ブランド腕時計邓超親友として、独自の理解について。「男の人にとって、時間の主人は彼の一生の挑戦、豪雅時計としての領域の中で精巧なカウントダウンのリード者も、勇敢に立ち向かう時間の前衛前衛、」では、「男時計やレースの熱愛は生来の、腕時計を象徴する男の生活を味わうレースを代表して、男の情熱と力で、豪雅はレースの精神と腕時計の精度を組み合わせ、ハイエンドのカウントダウン速度の限界突破の分野で絶えず。」

オーデマピゲ賛助2013年メキシコ現代芸術博覧会

オーデマピゲ担ぐ現代芸術の新しい単語を、そのために呈スペインイラスト大師Arturo Elena展「Twelve momentsオブan AP Woman」、この展覧会の霊感はスイス高級腕時計博物館シリーズ(Swiss Haute Horlogerieハウス」s collections)。身を問わずデザイナーやイラストレーター、Arturo Elenaは1名の経験極豊の非凡アーティスト、その精緻な芸術と現実主義より2002年ARI賞を受賞、国際公認。オーデマピゲCEO Fran C ois-Henry Bennahmias「私達はとてもうれしく続けられるとメキシコ現代芸術博覧会の協力。高級腕時計と美術作品の間にはたくさんの共通点を含む、芸術作品、卓越を求める表現やコンテンツの努力。オーデマピゲの歴史を物語って芸術と技術はどのように互いに融や、職人の制作の伝統芸術家とどのような目と見つめ結合。

大自然の霊感をTendence日勢表魅力シリーズの腕時計

Tendence日勢表魅力シリーズの中ですべてのすべてを採用した腕時計は非伝統的な数字はその体現の無限の魅惑力と日勢表抜群の特性。趣味には優雅で、完璧な組み合わせでこの動物シリーズを達成しました。大自然の風の設計の由来は自然界のさまざまな現象の体現で、一項ごとに自然シリーズ腕時計はいずれも貝表面再コーディネートにカラフルな酢酸繊維材質のベゼル。豊かな色彩、上等の材質と優良な質感の自然の腕時計の融合を器用に非常にファッションで代表性の新しい演じ方式!参考価格2、850元。

【2017年 プレバーゼル情報!】Bell & Ross(ベル&ロス)

2017年2月21日 ロンドン- ルノー・スポールF1チームは新車R.S.17の公開イベントをロンドンのロイヤル・ホーティカルチュラルホールで行いました。イベントにはチームドライバーである、ジョリオン・パーマーとニコ・ヒュルケンベルグも出席しました。今年になって新車を発表するのは同チームが初ということもあり、新車のお披露目は特に興奮に満ちていました。

そして、会場にはBell & RossのCEOであり創立者の1人であるカルロス・A・ロシロもゲストで登場し、Bell & Rossはルノー・スポールF1チームとのパートナーシップを祝して、今年のBasel Worldで発表予定の3部作の1つ、BR03-94 RS17をいち早く発表しました。

Bell & RossのCEO、カルロス・A・ロシロは「1994年に最初のコレクションが誕生して以来、Bell & Rossは常に戦闘機パイロットの腕元にありました。航空時計の分野で欠かせないブランドへと成長し、2016 年2 月には、新たな世界の開拓を探究し、特別なF1の世界でルノースポールF1 チームの公式タイムキーパーに就任ししました。権威あるモータースポーツとブランドの原点である航空の世界は多くの共通点を持ちます。それぞれの技術者は、究極の性能、スピード、メカニズムの精度を常に追求し、ルノー・スポールF1チームとBell & Rossは限界に挑戦するという共通の目的を持っています。」とコメントしました。

F1にインスパイされて誕生したモデルは、実際のレースでも使われている最新の技術開発と最も革新的な素材を用いています。衝撃を考慮して採用されたセラミックケースとモーターレースの世界にこの上なくフィットするスポーティなカーボンファイバーダイヤル。軽量で弾力性に富むこの素材はルノー・スポールF1チームのR.S.17のステアリング・ホィールを連想させます。クロノグラフの情報は、ルノーが最初にF1に参戦して以来常にアイコンカラーであるイエローに陽極酸化処理を施して統一し、識別性に優れています。

タグ・ホイヤーのオリジナルムービーにブレイクダンス世界王者ISSEI(イッセイ)が登場

近年、その勢いがとどまるところを知らないタグ・ホイヤーは、 新スマートウォッチ「タグ・ホイヤー コネクテッド モジュラー45」が先月発売されたことを機に、 「タグ・ホイヤー コネクテッド モジュラー45と過ごす私の24時間」をテーマにした動画キャンペーンを行っている。 本日から公開される新ムービーには、 ブレイクダンスの世界王者で日本を代表するダンサーのISSEI(イッセイ)が登場。 さらなる挑戦を続けるISSEIの24時間と「タグ・ホイヤー コネクテッド モジュラー45」がコネクトした魅力的な新ムービーは一見の価値ありだ。

グローバルで展開する本キャンペーン (英語名 24 hours with my TAG Heuer Connected Modular 45)には、 タグ・ホイヤーのブランドアンバサダーを始め、 各界でアグレッシブに活躍する人々が登場しており、 F1レッドブル・レーシングチームのダニエル・リカルド選手やマックス・フェルスタッペン選手、 サッカーのマット・フンメルス選手、 ラグビーのダン・カーター選手などのオリジナルムービーも見ることができ、完成度の高さはどのムービーも甲乙つけがたいほど秀逸な仕上がりとなっているので、是非この機会に色々覗いてみることをおススメする。

MORITZ GROSSMANN (モリッツ・グロスマン)

今年のモリッツ・グロスマンの新作の最初の注目ポイントは何と言っても「日付表示機能」がついたモデル、「アトゥム・デイト」が登場したことだろう。ドイツ製の時計らしい、幾何学的でシンプルなデザイン美を求めて、かたくなに2針、3針、またはスモールセコンドを備えた3針等、「時、分、秒」で時を表してきたが、その哲学を内包したうえでダイアルのベゼル側外周に配された日付に、マーカーが時計回りに動いて日にちを示す、といういかにもモリッツ・グロスマンらしいアイデアでの表現が目を引く。ケースの素材は、18Kローズゴールド、18Kホワイトゴールドの2種類、ストラップはいずれも手縫いのアリゲーターストラップ、ムーブメントは新開発の自社製手巻きムーブメントと、細部にわたるまで19世紀の伝説的時計師「モリッツ・グロスマン」の志を甦らせた逸品だ。
MG_Atum_Email_RG_FR_HD また、もう一つの注目ポイントは世界限定25本のエナメル文字盤の「アトゥム・エナメル」だ。このモデルは、スイスの名門、ドンツェ・カドラン製のグラン・フー・エナメルをダイヤルに起用している。また、このエナメルの文字盤独特の風合いに合わせて、12時位置のローマ数字をブルーに染色し、アトゥム・シリーズのためにデザインされたランセット型の針は、数多くの工程を経て手作りしたブラウンバイオレットを採用していたりと、こちらも上質なものを見慣れている審美眼に優れた人たちの心にも触れば触るほど、深くしみわたるような満足感を与えてくれることだろう。

Robin Meierオーデマピゲ芸術品をカスタマイズ計画創作曲作品

スイス高級時計ブランドオーデマピゲ(Audemars Piguet光栄に発表スイスアーティストを兼ねて、作曲家Robin Meier当選オーデマピゲ芸術品カスタム計画創始作品の芸術家。Meierと同カスタム計画の有名人Marc-Olivier客員対策展Wahlerやオーデマピゲ連合創作の重要な新しい芸術作品、2015年ろく月、芸術品はバーゼル開催のバーゼル芸術展で一般に公開される。Meier声装置「シンクロ」をテーマに、自然の中で自発的に現れた繰り返す運動もその基本的な要素も意味での方式で、一見関係の概念と対象と調和を溶け込んで単一のリズム。
Meierの声が作品と装置の注目点は、自発で自然と人工知能や集団の知恵。専門の実験室と科学者の助けのもとで、彼は調査してどのように発生秩序混乱から使用して科学研究表現としては芸術の理念のツール。Meierオーデマピゲ芸術品をカスタマイズ計画の初作品の創作大型装置、音楽を通して、蛍、発光細菌とキリギリスの調和、それぞれに違うものを同じリズムでつながりたい。これらの自己同期の生物システムと一緒に鼓動を受け、単一のリズム力を駆使しよう、全体の展示空間に満ちており、独特の鼓動のリズム。Meier時間モードの興味とオーデマピゲの精密機械機構体現の調和呼応。