Pre-SIHH 2016–Audemars Piguetオーデマピゲロイヤルオーク万年暦金王朝回帰

1972年に誕生したRoyal Oakロイヤルオークシリーズの腕時計は表壇初採用貴金属レベルの高い規格工芸を研磨磨きのステンレスの腕時計。オーデマピゲこの一見冒険の一回のは大胆に試みる最後に変わったスイス伝統時計のゲームのルールそして大勝し、同時にこれもタブ材質領域で創意工夫を凝らしの新しい章を開いて、後日、プラチナ、炭素、Alacrite 602超合金、靑銅、ゴム、陶瓷、チタン、タンタルなど……伝統的な素材は製表工業の可能性を運用する。
今回、オーデマピゲ再びルールを破るか消えない美しさを備え、エネルギーと眩しい光の黄金の材質、新しいロイヤルオーク万年暦腕時計を最も経典、ロマンチックな複雑な機能と高級時計の中で最も経典の素材を組み合わせて、黄色の金は永遠不滅の比類がない魅力。
このはまもなく新しいロイヤルオーク万年暦黄金の腕時計、設計の霊感から取るブランドは1984年にしては、Jacqueline Dimierが設計した初のロイヤルオーク万年暦モデル5554(後のモデルに変更し25554)、当時発売ブランド共279だけで、その中に229だけを採用した黄金の材質。

未曾有の大暦の腕時計:ヘンリーうらやむ時Moser H & Cie . VenturerビッグDate冒険者大カレンダー時計

H Moser & Cie .ヘンリーうらやむ時を冒険者(Venturer)シリーズを訪れる「大カレンダー」が表の日付が表示され、ブランドムーブメント見分ける性の閃暦(Flash Calendar)機能。腕時計の設計の完璧な冒険者のこれによって有名なシリーズを踏襲経典イメージ:簡潔な線、持って弧状輪郭の球面サファイアクリスタルガラス板の美しさを表鏡、指先のエレガントベゼルとは、ろく時位置の偏心小秒針、リバイバル骨董懐中時計の優雅な気概。
は紐ハウゼンのブランドに取り組むタブ工場を冒険者大暦(VenturerビッグDate)1 1か所の細部まで完璧の域。腕時計を持って有数の巨大日付表界窓、非常にはっきりして、読み、ムーブメントを搭載したブランドよりすべてカレンダーモデルを備えて表の閃暦(Flash Calendar)メカニズム。この装置が二大の利点:1では真夜中瞬間切替日付、かつが無制限、いつでも前や調整の期日を後ろに、もう一つ注目の技術の特徴はいつでも回転表冠手動調整の期日にしても、日付を進めても壊れないムーブメント変換。
VenturerビッグDate冒険者大カレンダー時計の位置に巨大日付さん時窓が特徴で、2つの上下交代のカレンダー盤構成:カレンダー盤に数字が表示されじゅうごいちから、カレンダー盤数字が表示されじゅうろく~31。独創的な精巧な仕組みは、すべての数字にぴったりの。
このすべては復雑な離合のメカニズムで、絶縁と期日調整装置を調整することができます。一方、H Moser & Cie .時計職人を追求精密度と確実性を設計するダブル拉式表冠(Double Pullクラウン)構造も同じで運用する冒険者大カレンダー時計の中で。双拉式表冠は時間の調整が必要な時はまず引き出す表冠後は一時的に緩め、次に外を抜いて、だから避け日付誤差が生じる。

インターナショナル・ウォッチ・カンパニー発売ポルトガルシリーズダブル針クロノメーターを追うミラノ専売店の特別版

2016年はち月、スイスタブ名家IWCインターナショナル・ウォッチ・カンパニー発売ポルトガルシリーズダブル針クロノメーターを追うミラノ専売店の特別版で、ひゃく枚限定版が発売され、演じるスイスシャフハウゼン伝承から140年以上の高級時計の伝統。表の底に刻まれ独特の限定番号「Biscione」草蛇の模様は、ミラノ城のシンボルマーク。
今回、IWCインターナショナル・ウォッチ・カンパニー発売ポルトガルシリーズダブル針クロノメーターを追うミラノ専売店の特別版で、ひゃく枚限定発売。新しいポルトガルダブル針クロノメーターミラノシリーズを追う専売店の特別版に続いたIWCインターナショナル・ウォッチ・カンパニー一貫の鮮やかなタブスタイル、フェイスデザイン精妙なパターン、優雅に。腕時計を組み合わせ红金ケース、靑い文字盤と黒いワニ皮バンド。文字盤の採用のは調和の平衡アーキテクチャじゅうに時位とろく時位をカウントダウン盤、ケースじゅう時位置に双追針機能制御ボタン、中央エリアの目盛りは速度計機能、文字盤には縁の目盛りは距離計。表の底に刻まれ独特の限定番号「Biscione」草ヘビ柄。「Biscione」だけではなくVisconti家族のロゴ、同時にミラノ城のシンボルマーク。

オーデマピゲ:源自汝穀の高級時計伝奇

千年以上にわたり辛酸洗練のスイス汝穀(Vall E eのJoux)、奇麗な自然風景蘊育出無限の時の宝。1875年にオーデマピゲ生まれた高級タブ芸術の揺りかご。じゅうななじゅうしち世紀の汝穀は、古い岩石や森林、原始の自然環境はここをほとんどできない農作物の栽培、「Nothing grew but rocksは岩が生息」。オーデマピゲ取締役会副Olivier Audemarsさんは「汝の穀の自然環境には人類の文明の発展、ここは大量の森や岩、地元住民もない栽培作物を通じて生計を立てているだけ、畜産業。その後、人々は、岩を製錬鉄鋼の技巧、毎年はちヶ月にわたる長い冬の中で、住民から家庭仕事坊の形式で時計ムーブメント部品の制作。西暦じゅうはち世紀末からじゅうく世紀、汝穀が迅速に発展して複雑な機能に時計制作の核心地域。」
西暦じゅうはち世紀、宗教と政府の背景の手工業協会の指導で、汝穀の時計匠大量家族単位の仕事坊各自がかってにふるまう、影の朽木生産高品質の時計部品。オーデマピゲ創始者Jules Louis AudemarsやエドワードAuguste Piguet真っ先に着目して生産品ムーブメントの懐中時計を汝穀制のビジネスの独立発展の機会を争う。西暦じゅうく世紀に入り、汝穀のタブ工房は発展全体のスイス複雑な機能時計制作の核心地域。
オーデマピゲにとって穀に、そなたは復雑機能開発だけでなくムーブメントの心臓部。更に重要な意義は、汝穀その地理環境のために保存して独立性も、常にブランドの中核であるオーデマピゲ付着オーデマピゲ始終専心于自分の所長は、ブランドの140年以上のタブ伝承を一つ一つに亘って価値の時計を持って作品。一枚ずつオーデマピゲ時計、我々の美学を込めて設計、タブ工芸と手仕上げの独特な見解と完璧な解釈。