パマキニ新金時計:格状「大麦粒」紋表盤、金質機軸

“卓越した”の肝心な点は“精確”にあります:できるだけ最小の度と秒まで精確にします。そのためには、いかなる意図的な痕跡を取り除く必要があり、驚異的な時計作品の輝かしい奇観だけを残しておかなければならない。
Ovale PanTThe腕時計の起源は広く知られている。パマキニの製表工坊は時計の手工芸の模範的な傑作を持っているが、ある作品はとりわけ興奮を抑えるのは難しい。これは、1780年にさかのぼった楕円形の懐中表に沿って、独特のシステムを備えている。この技術は、パマギニア製表所のさらなる探知心を奮い起こし、最終的に自分のやり方でこの挑戦を完成させた。もちろん、この骨董品の懐中表自体はすでに解決策を備えている。パマギニアの任務は、腕時計に変換することです。この装置は確かに新しいですが、腕時計は1日の使用中にさまざまな位置がありますので、装置に対する要求が多くなります。難題は、各部品の重さ、システム全体のバランス、腕時計の信頼性を同時に考慮することです。
Ovale Pantarhe腕時計は別の秘密を示しています:このシステム内の各要素はすべて運行しているので、システムをより“硬く”させることができなくて、それをもっと柔軟にするべきです。この腕時計の針はこのように設計された:30個以上の素子が連帯して、連続して運動する。表盤を見ていると、針が静止していないようだ。しかし事実は全くそうではない。世界には、自動車業界で使われているマンガンベースのアルミニウム合金だけが、このような厳しい要求を満たすことができ、これによっては、決して静止することはありません。
この永動バランスの回復の美しさをさらにさらに向上させるために、パマキニはその腕時計には、バラの金によって作られた機軸を備えている。この腕時計を含めた一連の作品に、パマギニが独自の専門技術を生み出している。腕時計を加工するには、金材の延展性が大きな障害になっています。同様に、このような金属の上で放光、彫刻、光沢を行うには、金属が工具の上にくっついているということは、新しい技術を採用しなければならないという意味です。Ovale PanTThe腕時計の機軸は8日の動力備蓄を備えている。

パマキニ新金時計:8日の動力備蓄、バラ金の製造

シンボル的な経典になりたいならば、腕時計そのものは十分に独特でなければならなくて、それによって自分に属する豊かな歴史を形成して、人々の探求、品鏡を供えます。Kalpaシリーズは、このような—ミシェル・パマギニから1997年にデザインされ、これまでに多くの美しい時計を伸ばしている。過去の年には、精製鋼に純金の機軸を搭載して作られたKalpa XL・HBdMiraireの腕時計は、いつまでも風靡していた。このような勢いによって、この新しい作品が所属する経典Kalpaシリーズの豊かな歴史のために輝かしい新しいページを追加しました—このシリーズはいつもどのように食欲をぶら下げて、人を引きつけてしまうことを知っています。
Kalpa XL HBdfaire腕時計は、PF 110手動で弦機のコアを駆動し、酒樽形の外観は、表面の殻の輪郭と結合する。これはブランドの自主的に開発された2本の発条箱のコアが8日の動力の備蓄を確保することができて、しかも特許の表示システムが付いています。板橋は、重ねて現れた半円形を繰り返し、強い美しさを醸し出す。このような外観の形成は1種の独特なカット技術に得られており、複雑な程度の加工を実現し、より多くの内角の存在を許すことができる。また、テーラーには「ジュネーヴの波紋」として、ネック装置が付いています。板橋は手作業で磨きをかけています――などの繊細さが、パマギニア製表所の高い基準を証明しています。

パマキニ新金時計:経典調、個性独具

形は固定していない形で、たとえば丸い形、例えば四角形。ただし、楕円形で、輪郭は用途によって変化する。現代においても古代建築においても、楕円形は普通ではなく、繊細で低調で強気である。制表業では、「謎の大師」ともいえるパマ強ニは、これほど魅力的な腕時計をデザインしたものだ。この腕時計スーパーコピー時計の構造は、簡単な幾何形をベースに、二つの交差点を通して異なる角度の切角を作ります。割合でも「性別」のバランスの角度にしても、この作品は完璧に調和がとれていて、この楕円形は標準楕円形のように女性化しているからである。
Ovale Terbilon腕時計は、「三分式」バラの殻の殻を採用し、階段式の時計圏に合わせて、屈折しない活力な動きをしています。様々な曲面が分解され、円形が直線になっていて、その一つ一つの角度から、脈打つ光が流れている。パマテニのマーク的な表耳も例外ではなく、進入式の斜めの角は、尾端によって徐々に細くなり、視覚効果が伸びている。その腕時計には、楕円形が新たな姿で現れた――自風を兼ね備えた陽剛の息吹。