女性独特の美美宇渡BIG BANG白色魚子ちゃん表

宇舶BIG BANGホワイトのソースは、その陶磁器分野の大代表です。陶磁器は1種の完璧な製表の材料で、鋼の重さよりも30 %軽くて、100 %こすりに防いで、100 %は敏感に防いで、100 %堅固なさびを防ぐ。Big B色の白魚の味噌は完全に陶磁器によって作られており、表冠や表盤と同様に陶磁器によって作られています。見聞を一新したのは、ダイヤモンドの象眼で陶磁器を象眼して、表盤の中間から、放射性の配列を切り盛りする。

普通のカメラを撮ることを試してみましたが、どの角度でも本来の姿を撮ることができないし、あまりにもぼんやりしていたり、効果や目の目の差が大きすぎて、本当に眩しすぎて普通の画素ができないからです。「見えない可視」という意味に富んでいて、浮き彫りや切り裂い、磨きをかけて磨きをかけるなどの様々な工芸を十分に駆使して、この寸の間の光がすぐに細やかになった。

プラネラルBR 03 – 92 Military Type 2015 Baselワーワールド新モデル

Bel & Rosのエンジニアたちは、実用的な機能至上主義の原則を受けて、専門的なアプリケーションに完全に適応する腕時計を設計しています。軍人は真っ先に腕時計を人物の補助道具とした事業者である。軍人に贈り物をするため、Bel & RosがBR 03陶磁器の腕時計を発表した純正軍用金:BR 03 Military Type。
カビの緑色の表盤は軍用技術の規格に忠実で、昼は夜も正確に時間を読み取ることができます。
本物の軍用腕時計と同様に、表盤に網が印刷された赤の記号(「MT」、すなわち「軍用型軍用型」の英語の縮写)は、蛍光コーティングを採用し、腕時計が暗黒の中で読み取れるようになった。
全セラミック素材で作られたBR 03は腕時計の性能が優れていて、軽くて、損なわずに色沢が均一になっています。表の殻には、眩しさの黒と表盤の軍用カードの緑の表盤が、腕時計を立派な迷彩装備とする。

世界初の双色陶磁器表輪:ロレックス青黒圏GMT MASTer II

10年前には、ロレックスが陶磁器の時計圏のGMT MASTer IIを発売しました。これは、グリンウィーンの歴史的な有名な表金の最も激進の改善であるかもしれません。色あせ防止の陶磁器の輪は、より強力な表殻、より明るい表盤が、このパイロット時計の新しい時代を迎えた。しかし注目すべきは、ロレックスのGMT MASTerが20世紀50年代以降にある双色表圏(「百事」赤青圏、「コカコーラ」紅黒圏)が欠席した。GMTの新しい陶磁器の表の輪はただ1種の黒の色の時計のようです(いくつかの非常に鮮やかなジュエリー時計の金を除いて)。
2013年のバーゼル表展で、ロレックスは長年の努力の成果――新たな青黒陶磁器圏GMT MASTerII:世界で初めての2種類の色、青と黒の陶磁器が輪をつけたGMT MasマスターII BLNR(ブラック-ブラック)。新しい青黒圏GMT MASTer II BLNRを着用して、私はこのオイスタープロ腕時計シリーズの快適性と信頼している36ミリのロレックス誌のDJに一致していません。
Apple社はハイテクをプレイしただけではなく、ロレックスという陶磁器の時計は絶対的な光の条件の下で色を変えた。この特許のCerACH ROMは青色の部分に大きな本(ロレックスがロレックス、彼らが陶磁器を開発した)。直射日光は最も明るい青色で、室内の照明の下でより砂の青を見せて、暗い環境の中でほとんど黒に移行します。

2つの豪門に入って、青い豪雅の新しい競潜500 CALTS 5を購入する

何年か前から1枚の豪雅表(F 1)を購入してから、ずっと豪雅というブランドにいい感じがしました。去年の頃には、新金が潜ったことを見て、すぐに深く惹かれました。しかし、当時の公式サイトでは、新たに潜り込みをしていなかったので、写真が出てきませんでした。昨日ちょうど友達と上海の恒隆の買い物に行って、前回F 1を買ったあの豪雅な店は、恒隆の斜め向かいにあった。意外にもあるとは思いませんでした。黒を買おうと思っていたけど、黒の金属ベルトはゴムの持っているものしかない。ゴム帯はきれいではありませんが、青い金属だけが品が付いています。ちょっと考えてみたら、今は黒のF 1を持っていますが、今はまだ若くて青いのもいいし、30歳になった時には、黒水鬼とこの蘭が連れていくのもいいですね。最後に85割引17765が成約した(以前買ったその88割引F 1割引に比べて)。香港よりも高いですが、念願になったと思います。今のところからまだ24時間も経っていないので、一日何秒も遅くなっても分からないですが、C 5の機軸は悪くないでしょう。

機械装飾アート—シケVintal 1945 xL大カレンダー月相透明盤腕時計

時には、小さい変化が大きく違う。例えば、このGPシケVintal 1945 xL大カレンダー月相透明ディスク腕時計。GPシケ表は、灰色のサファイア水晶を用いて、表皿材料を作り、直接正面から回転することができる。これは1つの透かし彫りの表盤ではありませんて、完全な表盤が依然として存在しているためで、ただ1つの“透明”のバージョンで、しかし1つの新しい顔を提供しました。
GPシガンのブランドは、シケの1945 xLの大カレンダーの月相の腕時計のブルーの宝石の水晶の表盤はこのより経典的なデザインのより現代的な解釈であると考えています。私はすぐにこのクールなデザイン—伝統的な特色の時計の機軸を直接見ることができて、この時計はもっと多くの伝統と現代の特徴を融合した。
もしあなたがこれまでシケVintal 1945 xLの腕時計をつけたことがないならば、私はあなたが直接名前の中の“XX L”を落としてしまうことを提案して、これは本当に少し誤導していることを提案して、実際の外殻のサイズはやっと35.25ミリの35.10ミリで、しかし最も重要なのはそれがどのように腕の上に合うことを適切に貼ることです。GPサーモンがデザインした表殻は弧を曲げて、腕にぴったりの人体工学を見ることができ、このデザインは本当に喜ばれる。
内の機械のコアも曲がっていると錯覚し、実際の状況はそうではありません。表殻は比較的薄く、174ミリの厚さである。快適な着用体験を持っています。

ドアダ芯動シリーズ5つの腕時計

ドアダ芯動シリーズは、マダダの主力自動機械の芯を持つシリーズで、芯動シリーズは、デザインにおいて伝統的な美しさをよく求めている。このシリーズの精髄は、古典的な牙圏である。以下の5つの腕時計は大体の外観の上で、ほとんど2つがなくて、しかし1項の詳細はいずれも同じでなくて、非常によく味わう価値があります:
スアッドの芯動シリーズGA 8333 – WWWの腕時計は、白いパールベナで作られた清浄な表盤を持っている。カレンダーは3時位置に位置しているので、余分な機能はありません。盤面の上に銀色のドアダが英語表記をしているが、色はややあっさりしている。6時位置の上で、1組の黒のフォントはこれが自動的なチェーンのコアなことを表明します。この機軸は3 – 40時間の動力を持っていて、歩く時は安定して、性能は優良です。
精鋼の表殻、表の輪は金色のPVDで処理して、この飛亜達芯動シリーズLA 8330 Tu腕時計大隊に1つの間の金のデザインをもたらします。牙圏表輪も伝統的な腕時計の特色の一つです。黒い明かりの表面は非常に厳正で、金色の針と金色の刻々に、また夜の光がコーティングを表示します。また、3、6、9、12の位置に位置している4可のジルコニア石があります。表冠は肩こりが付いており、保護作用がよくあります。この時計に搭載された機軸は、自動上のチェーンコアで、3 – 40時間の動力を持ち、性能が優れている。

ロシニの時は私たちは互いに彫ってきた

あなたは彼女の若い時の顔を愛して、彼女はあなたを愛して年下の意気地がなくて、歳月は私達を成長させて、私達は時間で互いに彫って更に互いの姿に適合して、もしかすると目の角の歳月が跡を残すことができないかも知れなくて、タイムマシンに乗って初めてあの瞬間に戻ってくることができなくて、しかし互いに依然としてあのときめきを覚えているのを覚えています。騒々しい生活はかえって私たちをもっと親しくさせて、時間がかかってきた誓いの誓いです。1枚の精彫の細いロシニの腕時計オメガコピーは同様に時間の打つことを必要として、証言で、バレンタインデーが来る時あなたはすでに大切な彼女のために用意しているかどうか/彼はその愛の誓いの腕時計をかぶっていますか?
仕事などによって、多くのカップルが異地になったり、電話になってきたどこかに気をつけていても、それぞれ違う時間帯に抱き合っていても、抱き合うことはできません。このシリーズは、秒の指示、月曜日の指示、エネルギーの指示の機能をそれぞれ持っています。独特な6 – 19時半に青とシャンパンの色が表示されます。スイスの輸入高進多機能の異地時間を搭載した石英の心心を搭載し、50 M防水の深さを持ち、相手の腕の間に愛を同期する。
あなたたちは互いに慕っていても愛し合って久しいが、なかなか自分の深い感情を口にすることができない。バレンタインデーが来るに際して、彼女/彼のために、共通の贈り物を送っていて、心のこもった思いを伝え、ロマンチックな時間を一緒に書いていました。男子の腕時計6時位の鳴った音が小皿に付けて、明るい輪を飾った飾り付けと女性の腕時計の日付の小盤が得られていて、双輪の掛け合いの小さい表盤のデザインは永遠に変わらない円満な愛情を意味して、カップルの間の濃い愛情を目撃します。

ダイヤモンドの時間線

1735年に創立してから、BMWは、機軸の素性を時計の価値を測定する唯一のルートとして見たことがない。時計の文化と3世紀近くの互いに融和して、すべての細部の上ですべて旧日の光り輝く触手の浮光の収束を持っている。全線製品に広く使われている金鳥芸は、時間の世界を再現することに力を入れる例証である。

17世紀にフランスのHugenoが手作りの芸能人によってスイスに伝わった金細工は時計の体系を構築する重要な特徴であるが、時価は今日も宝石だけでなくてはならないものの伝統を引き取っている。BMWから見たところ、各時計の作品はすべて唯一の審美的な情緒と文化の属性を備えなければならなくて、方角は抜群で、代々伝承されて、歴史の長い金鳥の芸はその中で最も適切な価値の定義です。

最も伝統と純正な金の鳥の芸は完全に手作業に頼って完成します。彫刻師は、表盤や板挟みの方寸の間に、手持ちの道具を描き、時計の作品に表現力と個性的な芸術を与えている。しかし、創作のキャリアの制約は、この技を容易にすることはできないが、たとえ機軸を修飾するグリーラッチの紋様であっても、ベテランの職人が身につけることができる速度で、顕微鏡の下でゆっくり進めなければならない。機軸の紋様の彫刻については、精深な美学の造詣と豊富な空間想像を必要とするだけではなく、さらに彫刻者は、表の設計の取り方や構造配置を全面的に理解し、図案と相補的にしなければならない。金彫刻の分野では、彫刻師の準備工程、彫刻手法、敏捷性、彫刻姿勢にも厳しい規定があり、完璧な芸術感と観賞性を保つことができる。

金彫刻の芸の豊かさに鑑みて、時計の表職には通常の金彫り工芸を独立彫刻師に任せて行う。しかし、製表文化の伝承と創造者として、これはかなりの制限があると考えている。他の人の作品は必ずしも全面的にブランド自身の文化の内包と審美的な傾向に属することができるとは限らなくて、ただ自分が個人の要領を身につけている方が人を引き付けることができます。

アークがあやかな時間に酔う

ヤクドロは今まで山雀のイメージで印象的だが、今回のバーゼル展では忘れがたいのは、もう一つの絶美な腕時計だった。表板の上の1匹の生き生きとしたチョウが、飛んできたことがあって、春の息吹と温かい挨拶を持ってきて、花の海を持ってきて、想像を閉じて、その花が上がるシーンは、まるで酔うほど美しい。よく見てみると、蝶の姿、柄、触角が見えてきて、すべての姿が真に迫っていることがわかり、時には小秒盤が表盤の上に位置し、点滴の針を花海の中で回すということがわかる。

表盤上の細部の美しさに、エナメル技術の高芸や、ブランドの自然の美しさに対する柔軟な把握とスイミングが目立つ。最後に、この腕時計は1つの腕時計ではなく、蝶ダンスの香りが8枚、八幅の情景が蝶飛花海の光景を描いているが、それぞれの趣がにじみ出てロマンチックな「春の物語」になった。

ロマンチックな独特の風貌

ロジャーデュオVelvet Haue Corsetay腕時計
この腕時計は、表盤の中央にある酒樽形のエリアに、162本の明るいカットカットを敷いており、表の外郭にはシルバーサテンの太陽の紋様が現れ、Velvetの代表的な黒やバラ金ローマの数字を乗せて、表輪、耳、装飾部位と同じように精緻な形をしています。特にスイスの有名な鞍メーカーは、高品質の表帯や革製品を精製しており、そのために腰を張ったデザインのバンドを作ります。この心をこめて作ったタイトマットバンドは、非常に繊細な黒の束帯で、クラシックバレエの靴の柔らかなピンク色の小牛の皮とは対照的で、腕を取り巻くときは、色っぽい女性の曲線を抱いているように見える。

ロジャーデュオVelvet Haue Couting Mink Fur腕時計
この腕時計は心をこめて剪定した純正なテンの皮の表帯を組み合わせて、周囲は幽かな青黒の微光を配布して、完璧にプラチナの表盤の純白な光沢を引き立てる。496粒の明るさカットダイヤモンド(総重4.34カラット)の表輪、時計リング、耳、表盤、さらに折りたたみを調節可能な白金表のボタンも同様に乾燥されている。