精巧な咲き輝きの真意-スイスULYSEナルト母の節礼

女、かつて風華、愛美、遊びたくて、体は柔らかい。そして、彼女は新しい生命を持ってきて、育んで、色あせて、人のほこりに落ちて、宇宙の中で最も強い姿を生み出します。母になって、彼に美と醜、善と悪を見分けて、彼のために黄金のような光栄な魂を形作り、彼を導いて、彼を保護して、彼を制約しないで、慈悲に彼は愛の中で気ままにぶらぶらしている。私たちはよく春に詩を書いて、夜明けに海にあげます。私たちが無知で初めて生まれた時、また世の中の万物はすべて名前があることを知らないで、母親が身を曲がって来て、1つは私たちのために指します。その後、私たちも使命を受け、親のために学びました。これは、世界のすべての言語で、母親と同じ単語を持っている。
5月の母の日は、香りが強くなく、美しく、まばゆいことはありません。スイスULYSEナルトは玉玲瓏さんの腕時計をお勧めします。新金の玉玲瓏の腕時計は、表盤の設計の上でもっと巧みに思います。円形の楕円形のバラの殻は、ダイヤモンドを密にして囲まれます。柔らかい乳の白真珠の雌貝の表盤の上で、透かし彫りの針はしなやかで優雅で、数字の時は次第に変化の大きさで現れて、独特な味わいがあって、時の流れのような魅力は永遠に残っています。
細いダイヤモンドによって交差した美しい曲線によって、軽やかに遊ぼうと、流光が溢れていて、表盤に1分の優美な動きを加えて、同時に巧みに小さい秒針区域を分割して、腕時計の設計のまた一つになる。
玉玲瓏さんの腕時計には、ULYSEナルトは女性のデザインによって自主的に開発されたO – 310の自動ブレスレットを搭載し、非凡な製表工芸とデザインで女性のお客様にULYSEナルトならではの魅力を見せている。表盤の2時位置の小さな針に位置して、それぞれの皿の上の大きさの待たない3つのダイヤモンドを指して、それぞれ異なる機能を代表しています。表面の4時位置のボタンを押して、小さな針を制御して異なるダイヤを指すことができ、それによって時間の調整ができ、操作は非常に簡単で便利です。他の普通の腕時計ではなく、表冠をめくり、女性の爪を心に押しつけ、細部から女性への愛情と尊重を示している。

名士表クリス麦シリーズ完璧な青年才俊才

一部の感情は忘れられないで、深く心の中に刻まれて、味わいが長い。その夜の深い耕読の時や、友と一緒に読んだ歳月を目にした。十年の寒窓、レディースバッグ夜を迎えた日の辛さが、大考の日になった。試験に対しては思わず緊張してしまい、長篇を考えると頭が真っ白で、汗の玉が凝結している。突然、霊感が湧いてくる。恐怖が消えなくなって、思考は落ち着いた。試験巻は順調に答えたが、教科書も高揚する。そして数ヶ月にわたる長い待ちをして、ついに、吉報が伝えられた。発見した後でも、喜びに満ちていても、心には名状がありません。学歴を取って社会に入る宣誓の儀式があって、人生の最も忘れられない時間の1つと言えて、キャリアの始まりの肝心な時です。この忘れがたい思い出を、親しい友人と共に分かち合い、心に刻まれて、一生忘れられない。
非凡なクリス麦シリーズは今の感激の気持ちを残せる。この腕時計は着用者の人生最初の成果を目撃し、前途の錦のような新晋の卒業生に愛されている。学歴の証書を獲得するのは彼らが職業生活に踏み込んだ第一歩です。クリス麦シリーズの腕時計の線は現代になっていて、今は男装のスタイルを除いて更に女装スタイルを加えて、青年の秀才な夢想、優雅な気質、自信と挑戦の精神を固めます。お守りだけでなく、身をつける者のラッキーなものは、キャリアに入る、忘れられない時間を記念した真摯な贈り物である。学業や試験の成功を祝う手本として、クリス麦シリーズもスイスの高級製表世界を開く貴重な鍵でもある。この埋蔵深い感情の時計は美しい年の無恐れ精神を象徴していて、永久不変です。

波ピアノ新しいカースシリーズ1 / 100番ロラン・ロスト特別版カウントダウン

スイスの有名な時計メーカーのLanginesロンジンは、2007年から毎年スタッド・ローラン・ギャロスで行われたフランステニス公開の公式パートナーと公式カウントダウンを担当しています。ロンジンは今年、コンカースシリーズ1 / 100回ロラン・ガロス特別版のカウントダウンリスト(コンディション1 / 100回Rold Garros)を発売し、最新の技術を使った独特の機軸を搭載し、100分の1秒までのカウントダウン機能を実現するとともに、ロンジンの法網に対する最高峰のピークを表した。尊敬する。
ロンジンは、1878年以来、スポーツのカウントダウンに力を入れており、今ではブランドが本格的にスタートし、メンズファッションブランドスポーツカウントダウンの精度を満たすことができる。コンカースシリーズ1 / 100回腕時計(コンディション1 / 100回)は、選手、専門家、スポーツ愛好者など様々な人々のニーズに合わせ、このシリーズのカウントダウンは、複数の中間時間を測定し、直観のアナログ表示装置を搭載し、単独の針で100分の1秒までの成績を示す。すべてのすべては、ロンジンの独自に設計された最新世代の石英のコアによって実現された。
ロンジンは2007年から毎年パリのスタッド・ローラン・ギャロスで行われているフランスのテニス公開試合の公式パートナーと公式のカウントダウンを務めていますが、この長名の試合はロンジンのコア価値、すなわち伝統、卓越した表現と優雅さを示しています。双方の緊密な協力に対する敬意として、飛翼砂漏れをマークとしたロンジンは、コンカースシリーズ1 / 100組のロラン・ガロス特別版のカウントダウン表(コンディション1 / 100回Rold Garros)を発売し、その秒針、表盤とデカルトカードの輪に彩られているオレンジは、法網のシンボル的な紅土に対する体現で、底蓋はまたロラン・プラス。ロス(RolランドGarros)マーク。