サイドオープンの飛行陀はずみ車の腕時計―力となめらかな完璧な結合

ブランドのきんでている表を作成する技能が現れるため、そしてブランドが透明な感の美学が準のを表示して重視するに対して伝統が全く同様なことを重ねて言明して、表を作成する師は特にLaureato Skeleton Tourbillon透かし彫りの飛行陀はずみ車の腕時計のあのGP09520大型を自動的に鎖のチップの基板、塔の橋に行って陀を並べるのと通を彫刻して、形成して効果を透視します。このような時計の文字盤にも関わらずから、あるいはまたサファイアの水晶を通して底を表して、すべて鑑賞してその精密な磨き上げて装飾する優雅な「サイドオープン」技術を得ることができて、皆専門家のからすべてで人工で精致だで製造します。家を鑑賞して更にこれが262件の部品からまで(に)成、ブランド自分を組み立ててチップの精巧で美しい内部の機械の構造を開発するのを鑑賞することができる譲ります。

これが現代設計の元素を備えて、手製で質を製造して達して最高だまで(に)準のチップを表示して、すべての部品の斜辺が磨き上げるのは皆精巧できめ細かくて、巧みに全部機械的な構造に浮遊状態の於の直径の42ミリメートルの18Kバラの金あるいはプラチナのようだ殻以内を表させます。その外、いっそうチップの動力の美学の視覚効果をはっきりと示すため、時計の文字盤はきわめてのが簡潔にさっぱりしていて上品なことを維持して、ただ保留するだけの時輪、金めっきの時間の目盛りとブランドのマークを表示します。シンプルな設計の元素、その上PVD処理を経るチップのモジュール、チップの歯車の運行の時の視覚効果に更に完璧にならせて、飛行陀はずみ車をこの小型の舞台の上で誇らしく軽やかに舞わせます。

手首の間で風采と文才は時間銘記します

ブランドから今なお誕生して、165年来、ティソは表して同時にすばらしいのを伝承して、追求を忘れないで革新して、王子のすばらしいシリーズは百年腕時計便がブランドの今まで求める証拠を紀念します。ティソの王子のクラシックのシリーズは百年1916年の出すティソの王子のシリーズの腕時計ため腕時計の設計の霊感を紀念して、従順に従う計略の弧度は設計するアーチ形が殻を表すのがたいへん独特です。腕時計の輪の計略の1週間、柔軟なアウトラインが現れて、創造精神のアールヌーボーの風格に富を極めるのを体現します。ポインターの入り組む間は20世紀に復古の趣はどっと流れ出て抜きんでました。時の標的へりがゆるやかでやさしくて、は彷が自然な植物のシルエットのようです。

このシリーズ設計の技術の上で更に絶えず改善します。長方形の表す殻は設計の大胆な線によく合って大きさの一様でない数字時にと表示して、巧みに細かくて薄い長方形の時計の文字盤の中でで解けて、たくさんのモダンな息を加えました。時計の文字盤の上でティソの昔を懐かしむクラシックが表しを証明にして、青い精致なポインターを少し付けて原版の造型を踏襲して、冠の精密な筋模様を表すのが百年共通をまたがり越えるのを代表している優雅です。取り上げる価値があったのは、このシリーズの腕時計は多いデザインを持って、深い黒色の腕時計のバンドがあるだけではなくて、更につるつるしている復古のダークブラウンの皮質の腕時計のバンドがあって、その触感はきめ細かくて柔らかくてすべすべしていて、手首の間のために1筋の明るい色を加えます。殻を表して組み合わせを選びにする金色、銀色とバラの金があって、手首の間のために1筋の復古の風情を加えます。この歴史的意味がある腕時計非常に不思議に一族の未来で遺産の中で現れて、再現してすでに昔の事のその時代になりました。

ジラール・ぺルゴの黒色のサイドオープンの陶磁器の腕時計

ジラール・ぺルゴは2018年のジュネーブの高級の時計展の上でに、4モデルの異なるLaureato冠のシリーズの腕時計を出して、図の中でその中の1モデルです。

腕時計の直径の42mm、厚い10.93のmm、黒色の陶磁器の材質を採用して、GP01800―0006の自動チップを搭載します。売価の243547元。