ハーレーに挑むBMW ヨコハマ・ホットロッド・カスタムショー

入場料金は3900円(当日券)と、この手のイベントとしてはやや高価であるにもかかわらず、当日は開場前から長蛇の列ができるなど、昨今のカスタムカー人気を象徴するような盛況だった。昨年は約1万7000人もの来場者を集めたが、今年は1000人上回る約1万8000人が訪れ、そのうち1700人は海外からの来場者だという。

 「ホットロッド」とは1960年代に米国で始まったカスタムカーのジャンルのひとつだが、このイベントではそれに限らずさまざまなスタイルのカスタム車両が展示されている。強いて言えば「アメリカンスタイル」というのがここに展示される全車両の共通項だろうか。

 筆者がとくに注目したのは二輪車のブースである。というのも昨今のバイクシーンを語るうえで、「カスタム」は欠かせないキーワードとなっているからだ。これまでカスタムというのは、あくまでユーザー主導で行うものだったが、昨今はメーカー自らカスタムとの親和性を声高にアピールする新型車を続々とラインアップしているのだ。

 かねてカスタムシーンで絶大な人気を博しているハーレー・ダビッドソンに加え、BMWやドゥカティ(イタリア)、トライアンフ(英国)といった欧州メーカー、さらにヤマハなどの日本メーカーも著名なカスタムビルダーとコラボレーションするなどのプロモーションを欧州で展開している。

 近年人気の「ネオレトロ」(フォルムはクラシックながら走りは最新のバイク)と呼ばれるカテゴリー、たとえばBMWの「R nineT」やドゥカティ「スクランブラー」、トライアンフ「ボンネビル・ボバー」、ヤマハ「XSR」、カワサキ「Z900RS」といった車種はまさにそうしたカスタムシーンを初めから意識して作られたマシンである。

 なぜそのような潮流が生まれたかというと、世界的にバイクがこれまでよりもさらに趣味性の強い乗り物として認識され、売れるようになったからだろう。乗り手のスタイルを表現するファッションとしての側面が濃くなっているのだ。

 いまこうしたカスタムショーは、いわば“モビリティー版パリコレ”のようなものになりつつある。国内外の腕利きのビルダーたちによって仕上げられたマシンは次世代の流行を先鋭的に表現したモード服に近いものといえるだろう。

パーティ・タイムの腕時計!クラシック&ビジネス4選

シャネル初の男性向けウォッチコレクションとして、はじめて手掛けた自社製ムーブメントを搭載。シグネチャーのひとつである”数字”を強調したジャンピングアワーと、大きくオフセットされた240°レトログラードミニッツという幾何学的なレイアウトながらも、グラフィカルな方向に走りすぎず、きっちりとロレックスレプリカ高級時計としての佇まいを残すあたりにシャネルの高い美意識がうかがえる。自社製ムーブメントやダイヤルの綿密な仕上げは凡百の時計専業メゾンを凌ぐほどで、熱心な時計マニアほどこの時計を高く評価する。

18KWGケース×アリゲーターストラップ、手巻き、40mm径。4300000円〈CHANEL/シャネル カスタマーケア TEL: 0120-525-519〉

BVLGARI オクト フィニッシモ オートマティック サンドブラスト
エッジを効かせた現代的な薄型時計

エッジを効かせたオクトのスタイリングはそのままに、ケース厚をシェイプしたフィニッシモ。ブルガリが注力する薄型=複雑時計という方向性を、デイリーユースレベルにまで落とし込んだ快作である。2018年に登場した真っ白なSSケースは、剥落を防ぐためにゴールド、パラジウム、ロジウムの順で3段階のコーティングを施し、その上からサンドブラストでマットな質感を加えたもの。ブレスレットのバックル部分も、厚さを抑え込むための丹念な仕掛けが確認できる。なおこのモデルは現時点での、世界最薄自動巻きのレコードホルダー。

日本アニメに着想を得た高級時計、ドバイの競売で1800万円で落札

同オークションには世界25カ国からリシャールミルスーパーコピー高級腕時計マニアが参加。サザビーズのこの日の落札総額は約260万ドル(約2.9億円)となった。

最高価額で落札されたのは、ホワイトゴールド、ダイヤモンドとサファイアがあしらわれたショパールの希少限定品。「L.U.C Tourbillon ホワイトゴールドーダイヤモンド・サファイア(set in white gold−ーdiamond and sapphire)」には、21万8750ドル(約2480万円)の値がついた。

ほかには、フォーミュラ・ワンの緊迫感をフェイスにデザインしたリシャールミルの「RM004 Felipe Massa チタニウム ・セミスケルトンモデル(titanium semi-skeletonized model)」が16万2000ドル(約1840万円)で競り落とされた。

SFブームに沸いた70年代の日本から

約1800万円の高値で落札された「HM6」のモチーフであるアニメ「キャプテン・フューチャー」は、1978年11月から翌年12月まで、NHK総合で『未来少年コナン』に続くテレビアニメーションシリーズとして放映された。

太陽系最大の科学者で冒険家、宇宙船操縦士の主人公が、宇宙船コメット号の仲間たちとともに悪との戦いを繰り広げるSFアニメで、製作は東映動画(現・東映アニメーション)。放送開始の1978年は『スターウォーズ』『未知との遭遇』の日本公開年で、時代はおりしも宇宙SFブーム真っ只中だった。

アニメの原作はアメリカSF黄金時代の1940年代、SF作家エドモンド・ハミルトンによって書かれたスペースオペラ。その翻訳版全巻は絶版後、多くのファンの要望で2004年に創元SF文庫から復刊されたが、人気アニメ「キャプテン・フューチャー」もまた、スイス製高級時計の文字盤上に再び命を与えられ、21世紀の時を刻んでいくことになる。