伯爵が華麗で開放して、きらきら光る人生を明るくつけます

Possessionシリーズは女性の小さなアーチの門の中親友として、軽い魂の姿でその多い面の姿の色彩を明らかに示して、更にいつもお相手をして探求して挑戦を知らないで、迎えます。今回、伯爵(Piaget)のPossessionシリーズとして大使を広めて、楊の覆いは遊んで異なるカラースペースの中で回転して、よく動き生活の中のすばらしい一部分を演繹して、回転する見事な体験はPossessionが彼女の深い愛の単品になりを譲って、1人の誠実で率直な自信、流行の人を魅惑する都市の女性が如実なことを現します。

円形の窓際、楊の覆いは身の回りの芳しい開放するロマンチックなバラに酔いしれて、ほっそりとしている玉の手Possession指輪のきらめく光芒で縫って、彼女は細く着手する中にあの神秘のカードを読んで、気がない間は首の間の黒色のオニックスのネックレストーラスに当たっての、たちまち微笑して自信を持つ人を魅惑する魅力が現れます。明るくて近代的な青い影の日覆いの中で、変身して撮影技師になる彼女は1日の仕事を開いて、軽いに明るい青いトルコ石のネックレスの瞬間の彼女の霊感に触れて沸き上がって、腕白に自分で付けた後のためにシーンの前に美しいきれい系の姿を残して、ただ1つの流行の触角を明らかに示します。暇の時に、彼女は友達とと一緒に緑のイタリアで遊び戯れて満ちあふれている大自然、美しくてあたたかい日光の下ででぶらぶら歩いて、そっと濃緑のクジャク石の腕輪を回すのが手首の上でまねてもし青春の感動自由自在なのを使う満足します。仕事以外の時間、彼女も自分の舞踊の趣味に熱中します。ハイヒールの彼女を踏んでいて気をつけないでつ1池の池に入って、はね上がり始める水しぶきは裂けてきた美しい波紋、刹那彼女はしばらく興って、Possessionの回転するトーラスについて行っていて、性が舞踊の中で大胆に情熱を釈放するのを率います。夜のとばりが次第に訪れる時に、扉の外で1つの深い揺り動かす青いPIAGET伯爵の真珠や宝石の贈答用ケースを迎えて、今、楊の覆いは矢も盾もたまらないで贈答用ケースの中のネックレスで腕輪と集めるのによく合って流行の内で約束で出かけるのに装っていきたくて、この間もなく到来したのおよそとっくに知恵はっきりわかる心。夜、彼女は星空の中のきらきら光る花火を眺めていて、人を酔わせる夜の景色で浸って、後ろに夫はそっと間近で、彼女のためにバラの金のネックレスを付けて、振り返って見る瞬間光り輝く笑顔が現れて、Possessionのが付き添っておりる、これが幸せでと幸福が格を決めるにシーンにあられる中で、永久不変の追憶に変化します。

きんでているチップ、敬意を表します偉大でさっぱりしていて上品な女性

セレナーデのシリーズの腕時計は自制のを搭載して自動的に鎖のチップの39―22に行きます。抜き出して冠を表す時、チップのが1秒の機能を止めて秒針行き来することを停止して、それによって非常に精確に時間を設けます。サファイアのクリスタルガラスを通して底を表してかぶせる複雑なチップの構造を鑑賞しておよびその極致の優雅な外観の精巧で美しい装飾を与えることができます:格拉蘇蒂の4分の3添え板はサイドオープンの自動陀の上の精巧で美しいルーマニアの刺青の紋様、面取りのへりおよびと精密な鋼部品を売り払います。初出のチップ、更に格拉蘇蒂(Glashラtte)の表を作成する芸術の別の一つの特色を発見することができます:ガチョウの首の微調整する機関―はそれは速さの精密なのに必ず調節するように助力して、同時にその曲線の造型は更にこの腕時計の名声に呼応しました。

母は無私な愛でいつも私達に栄養をつけていて、皆の母はすべてきんでていて偉大だです。格拉蘇蒂はオリジナルは皆の偉大な母譜の1曲のさっぱりしていて上品なセレナーデ、祝いの贈り物をする母性愛ため望みます。

IWC:手首の間で転々とする不朽な時間

IWC万国は文西の月相の自動腕時計の36を表現します(型番:IW459306)

達文西の月相の自動腕時計の36は自信、確かな優秀なレディースだけのために設けて、底を表して彫り刻んでエネルギーの“生命の花”の図案を満たします。精致で富む段階の思う銀めっきの時計の文字盤の上、銀色の月と星は人を酔わせる濃い藍色の夜空を明るくつけます。しかし移動形は耳を表して、つけるのが心地良いをの確保します。

IWCのポルトガルのシリーズのカレンダーの腕時計(型番:IW503501)

この腕時計は完璧にIWCのポルトガルのシリーズの腕時計の設計の特徴に続いて、カレンダーを備えてこの複雑な機能を表示して、風格はバランスが取れていて調和がとれていて、冠のすぐ楽なことができる手動を表すを通じて(通って)学校のカレンダーの期日を加減します。サファイアのクリスタルガラスを通して底を表して、両ぜんまいの箱のブランドを配備してチップの精巧で美しい構造を自製して一望ですべて見渡せて、“ProbusScafusia”の純金の徽章を彫り刻んで更に“シャフハウゼンの並外れている技術と巧みで完璧な技術に源を発する”を出しを明らかに示します。

IWCのポルトガルのシリーズの自動腕時計(型番:IW500701)

期日表示するポルトガルのシリーズの自動腕時計を配備してシリーズの最もみごとな時計の中の一つを称することができます。18K赤い金は殻を表してダークブラウンのワニの皮バンドを付けてあって、調和がとれている銀めっきの時計の文字盤を設計してシンプルで平衡がとれている優雅な美感に現れ出て、完璧にIWCのポルトガルのシリーズを伝承して80年のクラシックの魅力を上回ります。透明なサファイアのクリスタルガラスを通して底を表して、しかしこのブランドを見てと機械的なチップの精密な運行を自製します。

IWCのポルトガルの時間単位の計算の腕時計(型番:IW371445)

IWCのポルトガルのシリーズの腕時計の精確な時間単位の計算の伝統は航海家達の世界を探求する時採用した精密な航海計器に源を発します。この腕時計設計が優雅で、ポルトガルのシリーズの中で最も人に夢にまで願わせる時計の中の一つになります。時計の文字盤の配置はきちんとしていて明快で、式のアラビア数字に盛り上がって割合の均整が良い葉の形の時計の針と分針と調和がとれていてその中を統合します。精密な鋼は殻を表して黒色ワニの皮バンドを付けてあって、独特な派手な格調を配ります。

IWCの柏の大波のフィノの自動腕時計の37(型番:IW458107)

柏の大波のフィノの自動腕時計の37はシンプルで優雅な設計の理念を伝承して、18Kバラの金のシルクの光沢加工で製造して、貴金属のきめ細かい光沢をすっかり公にして、厚さの9ミリメートルだけ、手触りをつけるのは非常に心地良いです。紫苑色Santoniワニの腕時計のバンドを付けてあって、精巧で美しくてきめ細かい色処理、高貴で優雅な品位を出しを明らかに示します。66の精巧で美しい明るい式を閉じ込めてダイヤモンドの開放する優雅な光芒を切断するのを表して、輝いています。

IWCの大型のパイロットのシリーズTOPGUN海軍空中戦部隊の腕時計(型番:IW502001)

黒色は客室の風格設計を運転して、魅力の材質を高く備えて、現代化の腕時計技術、この腕時計は濃厚な丈夫な風格を配っています。時計の文字盤設計は歴史の上でパイロットの船内を運転する精密なナビゲートのメータを霊感にして、白黒の対比が鮮明です。殻を表してハイテクの陶磁器の材質を選択して使用して、冠を表してと底を表してチタン金属から製造します。底を表してTOPGUN海軍空中戦部隊を彫り刻んで表して、“戦闘機の戦術の教官”に向って敬意を表します。
IWCの大型のパイロットの腕時計の“小さい王子”の特別な版(型番:IW500916)

これは敬意を表してすばらしいIWCIWCの大型のパイロットの腕時計の“小さい王子”の特別な版独特な夜の青い時計の文字盤を持って、夢まぼろしが優美です。46ミリメートルの直径の精密な鋼が殻を表してアクセサリーを掛ける縫いがとリベットの茶褐色の小さい牛革の腕時計のバンドあって、1940年代の簡潔なメータの風の時計の文字盤と持ちつ持たれつで更によくなります。底を表してありの小さい王子に扮して精巧で美しくて“IWC・LEPETITPRINCE・ONEOUT OF1000”の字形を彫り刻んでおよび、その貴重な地位を表明します――全世界はただ制限して1000発売するだけ。

IWCの柏の大波のフィノの自動腕時計の37(型番:IW458109)

柏の大波のフィノの自動腕時計の37はシンプルで優雅で、閉じ込めて66粒のきらきら光るダイヤモンドを象眼するのを表して、優雅で味わいがある銀色の3針の時計の文字盤は赤色Santoniワニの皮バンドによく合って、簡潔に明快なきらきらの目の外観を製造しだして、華やかな手首の上に風情を転々としだします。耽美のあまり、1部ロマンチックなのの活力に多くなってと、優雅なレディースが設けるのに自信を持ちだけのために。

IWC万国は文西の月相の自動腕時計の36を表現します(型番:IW459307)

この腕時計は月相の損益を持って複雑な機能と貴重な材質を表示して、含蓄ありげに派手です。ダークブルーは夜空、金色星の月のクラシックの月相の損益は表示してこの3ポインターの腕時計の瞳を吸い込む焦点になります。54粒の純粋な白色のダイヤモンドのめぐるラインストーンは小屋を表して、これに加えて底の彫り刻む“生命の花”を表して、ダークブラウンのワニの皮バンドとチョウはボタンを表してこのと完璧によく合います。全身でアイデア、技術と美学に解けます。

IWCのポルトガルの時間単位の計算の腕時計(型番:IW371446)

IWCのポルトガルのシリーズの腕時計の精確な時間単位の計算の伝統は航海家達の世界を探求する時採用した精密な航海計器に源を発します。この腕時計設計が優雅で、ポルトガルのシリーズの中で最も人に夢にまで願わせる時計の中の一つになります。時計の文字盤の配置はきちんとしていて明快で、式のアラビア数字に盛り上がって割合の均整が良い葉の形の時計の針と分針と調和がとれていてその中を統合します。精密な鋼は殻を表して青いワニの皮バンドを付けてあって、独特な派手な格調を配ります。

IWCの柏の大波のフィノの自動腕時計の37(型番:IW458105)

30年来、柏の大波のフィノの自動腕時計は優雅で味わいがある3ポインター設計を持ちます。このCLAS(2,3)の37ミリメートルの柏の大波のフィノの自動腕時計の時計の文字盤は銀をめっきして、12粒のダイヤモンドを象眼して、殻を表してと冠を表して皆18Kバラの金を採用して、優美で優雅です。時計の文字盤は金めっきする時標識ローマ数字と12時を象眼して6と常に表示して、簡潔に上品です。ダイダイ色ワニの皮バンド、落ち着く中にかなりあるのが生き生きして活発です。