深い愛の時間:鮮やかに輝きもし宝、米は“霜の金”のようです

皇室のゴムの木のシリーズの“霜の金”の腕時計は高級の真珠や宝石の技巧の伝統に多くの事を包括して、古いのが金の技術(もフィレンツェの技術を言う)をたたくで、完璧に独特な構造の皇室ゴムの木係のリストの殻と腕時計のバンドに応用して、全力でバラの金の材質時にときらきら光るきらめくプラチナ計算する傑作を製造します。

金槌の金の技術の製造する表す殻と腕時計のバンド、きらきら光るきらめく光芒で突然現すのが独特で貴重です
金の技術をたたいてトップを採用してダイヤモンドの道具に付いていて金の表面を打って、きわめてかすかなニックが発生して、ダイヤモンドの類のきらきら光る効果に似通いを現します。この精密なワシの細い磨く複雑な技術の作る独特な質感、腕時計の表面光線の下で更に現すのがきらきら光って、皇室ゴムの木係のリストの殻と腕時計のバンドのが針金をつくりとと技術を売り払って完璧に結び付けて、そして皇室のゴムの木のシリーズの腕時計のバンドの柔軟なのと融通性を保留します。

皇室のゴムの木のシリーズの“霜の金”の腕時計の37ミリメートルのバラの金のモデル
Calibre3120を搭載して自動的に鎖の自分で作るチップに行きます

皇室のゴムの木のシリーズの“霜の金”の腕時計の37ミリメートルのプラチナのモデル
ロジウムの色の“GrandeTapisserie”の大きいチェックによく合って時計の文字盤を飾ります
1分増加しないで、少しに減少しないで、伝奇的な傑作に新鮮な現代の風格を増加させます。役に立たない宝石、もしダイヤモンドの類の光芒はきらめく。
まばゆくて、独特で、貴重で、米もし“霜の金”の彼女に属します。

相手が好きだに関して:
相手の(AudemarsPiguet)が好きだのは時計業の中で歴史は悠久な家の名声を上げる工場で、唯一依然として一族(AudemarsとPiguet2一族)の管理する高級の表を作成するブランドを創始するから現在のところの全世界です。1875年に創始してから、相手が時計の史の上で一ページ一ページの不朽なページを書いたのが好きで、たくさんの“史の上で第1”の記録を創建し営みました。スイスジュラ山脈の脈のなんじの谷間で(VallトedeJoux)、相手が絶えず制限する傑作を出しが好きだ、抜群に優れている革新の高級のスポーツの時計、クラシックの名作、女性の創作する華麗な真珠や宝石の腕時計と特に注文して作らせる世にも珍しいの貴重な宝物のため。

ソニーの知能腕時計はAndroidWear 2.0に縁がありません

以前Googleは正式に全く新しいAndroidWear2.0知能腕時計システムを発表して、今ソニー政府は所属のSmartWatch3知能腕時計がAndroidWear2.0まで(に)アップグレードするのに縁がないでしょうを確認します。

ソニーは公式サイトで表して、SmartWatch3SWR50支持するAndroidWear1.5。Android Wear2.0はおよびバージョンを更新して支持を受けないでしょう。

SmartWatch3知能腕時計は、は2014年に初めて発表する、このこのその後3年間の時間で内でソニーは新しい知能腕時計を出していません。
SmartWatch3はクアルコムの勇猛な竜の4004核の1.2GHzプロセッサーを搭載して、512MBメモリ、4GBはメモリーを内蔵して、1.6インチの320×320解像度の反対したり,通ったりする式のスクリーン、420mAh容量の電池、IP68ランクは水を防ぐのは防塵して、―モジュールと光線の感応器、加速度の感応器、磁力の感応器、ジャイロスコープ、機体のサイズの36mmx を内蔵しますGPS、WiFi、NFC10mm x51mm、総重量の74グラム。

ロレックス、PaulNewman時間単位の計算

中隊の使用人の1、985、000の瑞郎を取引が成立します
(およそ1、986、191のドルの、非リアルタイムの為替レートのようです)
ステンレスは殻、通し番号Ref.を表します6263,1969年に製造します
2016年5月の14日、ジュネーブ、Phillipsオークション
私はロレックスを知らないで、全く知らないで、特に“Tropical”の時計の文字盤の情熱に対して人々を知らないで、これは“色褪せる”で、たとえば原本の黒色の時計の文字盤は時間推移は、酸化して茶褐色になったのに従って、本質は当時の色を失ったので、“元の風味そのままの”を喪失して、かえってその他に“元の風味そのままの”になりました――これが再生しにくいのためです。このは完璧な“カメレオン”の時計の文字盤しかなくて、原本の黒色が広がってきわめて平均しているの(これになるもちろんきわめて重要で、斑禿は)のコーヒー色の時計の文字盤をやめにして、でも法外な値段の主な原因このようにだけではない。
ポールのNewsmyの型番の“多い”、私は言ったことがあって、数十万人民元のは買うことはできなくて、2百万人民元のやっとまともなの、しかし“価格の王の中王”、型番Ref.に属します6263,黒い皿、盤面はRCO(3列がRolexCosmographOyster字形を書いている)のこの3つの要素の三花が頂に集まるのです。Ref.6263のこの型番のポールのNewsmyの黒い皿の非常が少なくて、正しい盤面はRCOであるべきで、しかし“面白い”のはROCの普通にぶつかってみんながすべてよけるので、恐らくにせだの。これ、間違いなくすこし恐くないのです。市況はあって、照らす前の百万社会的地位は直接、弊害の中の戦闘機がちょっとひっくり返ります。
1千数万の1匹のPaulNewmanを買う時間単位の計算、金持ちの世界、私は本当に知りません。しかし、イタリア人、ロレックスに対して、パテック・フィリップに対して、それは普通な愛ではなくて、それは真実の愛で、それは純度の高が燃えるの1000%の真実の愛です。

大地に触れ、自然の宝を感じる永遠の芸術

鉱石-鉱体から採掘され、複数の微量元素、化合物、鉱物によって構成された鉱物の集合体である。数億年を経て様々な地質の成鉱作用の中で形成され、風食の沈積、水流の浸食、地殻運動などの外部要因によって影響を受け、異なる形、材質、紋様、色の鉱石、すべてが自然の賜物である「唯一」、千姿百態、妙趣横生、大きい者は石林がそびえ立っている。大千の世界のために豊かな色を充填しています。
それは、鉱石の「唯一の性」のためであり、それは極めて希少で、人間はいくつかのチャンスの中にあってこそ、珍しい世の大切な宝があった。伝説の古代エジプト人は、極めて希少な緑色の鉱石を、美しいと富を象徴しているハソールの女神と見なされていた。鉱山労働者がこの鉱石に掘られて、ひざまずいて、女神の庇護を求めて、富を祈る。
鉱石はその美しさ、色美、触れ美、音美、愛せず、貴重な秘蔵。収蔵家の目には、それは芸術的な美美の存在であり、その美しさの形で、美しい姿をしていて、そこにある大きなシーンで人を思い浮かべながらも、その美しい景色で人を失ってしまうのもある。

バーゼル新金、または価格が最低

ナンバーワンはずっと腕時計ブランドが好きなんですが、そのような非常に簡単なバウハウス風のデザインは本当にとても美しいです。多くのファンの期待の中で、新たなバーゼル展がいよいよ到来しましたが、新しいナンバーワン時計も一部のベールを切っていますので、皆さんを連れてみてください。
ナンバーワンは、自分の位置を明確にして、腕時計の極曲表だけに専念しているが、今年は新発売のナンバーワンOSも例外ではない。上図は、Baselワーワールド2017上で最新発表されたNamos Cub Campu腕時計、NMeos CLbは、ノメーOSの入門金であるが、新出したのはその名のように、校庭の意味がある。ブランドは特に卒業したばかりの大学生と、職場に入ったばかりの新人だと指摘している。腕時計は個人的なデザイン、自産の機軸、また腕時計のカバーもカスタマイズできるし、価格も競争力が高いと言われています。
Namos Cub Campa腕時計は2つの異なるサイズが2つあり、それぞれ36ミリと38ミリで、合計3種類があります。その中で36ミリは女性(もちろん男性が着用してくれるならOK)、ただ1金だけが銀メッキで灰色のスーパーマーケット- Lamichv夜光を合わせた時に、周囲に赤い輪郭がある。時印のデザインは面白いのですが、ローマの数字とアラビア数字の際の標識や、棒形の際にマークしたデザイン感があります。このプレートは「Califonniral」と呼ばれていて、前半はアラビア数字、下半部分はローマ数字で、第1回はナンバーワンの腕時計ではないが、クールで面白い。6時位置の小秒盤は、オレンジの針を使い、腕時計に活力と色を添える。

スイスの首都ベルンの「北京時間」

世界で注目を集めている「バーゼル世界時計ジュエリー展」は、世界トップの製表技術と贅沢な宝石作りを世界で展示している。プロの腕時計ブランドとして、北京表の東方美学の現代的な表現として、糸語シリーズの手作り腕時計と潜陣のシリーズを発表した。この期間、北京表の「復刻一型表」は、中国からの腕時計のプレゼントとして、スイスの首都ベルン州知事に収蔵された。
ベルンはスイスの首都で、数百年の歴史の鐘楼は高くそびえ立っていて、古い素朴な味に満ちていて、スイス人は精確と集中して有名な典範であり、中国の首都に命名された北京表で、職人の精神を堅持して、手作業で物の霊性を与えることを崇拝しています。
北京の時計ブランドの代表のもとで、ベルンの州知事は東の時計の魅力を細やかにして、北京の表の独特なパイオニアの制表の魅力と東洋の文化の趣を感じます。北京の時計重ポンドの作の一連の腕時計、北京飛行機の飛輪の機心、無カード度の遊糸を搭載して、解釈は複雑で複雑です;ほぞ、極法、城池の3大テーマ、これは東方美学の審美の主張で、同じく近代的なファッションに属して、寓意は争うことができないで、低調で前進します。