GP芝柏表Laurato冠シリーズ万年暦腕時計

Laurato王冠シリーズは成功の姿を携えて強く回帰し、卓越した表の手本を新たに演出し、同時に一貫した現代精神と運動の気風を保つ。万年暦のような精密で複雑な機能を明らかにするため、GP芝柏表はLaurato桂冠シリーズの腕時計を作り出し、微妙な位置変化を動的なバランスの中に置いています。特別なデザインのオートチェーンムーブメントを搭載しており、ラウト・ラウト・クラウンシリーズ万年暦腕時計は独特のスタイルを持つだけでなく、日常的に身につける時も楽しめる。人体工学に適合した操作方法を組み合わせて、快適性を極限まで押し出した設計で、腕時計が読みやすいように調整しやすいです。
ケースは直径42ミリの精密鋼で作られ、研磨とサテン研磨が交互に行われ、GP芝柏の表工場独自のメンテナンス方式が加わっています。腕に貼るベルトは同じ材質と修飾処理を採用しています。品質は同じです。Laurato桂冠シリーズの万年暦腕時計は独特の全鋼の様相と非対称感を示し、腕時計オメガスーパーコピーの強烈な建築美学を余すところなく表しています。パリの釘紋模様をあしらった青い文字盤と白い表示が目立ちますが、この現代感あふれる腕時計には画竜点睛を加えます。
Laurato王冠シリーズは最高の資源のもとに誕生しました。それは1970年代にミラノの建築家によって設計されました。その後芸術、歴史と形式美学が一体化した作品になりました。2016年に発売された新世代ラウト・ラウト・クラウンシリーズの腕時計は、創作精神を継続し、さらに磨きをかけ、2018年の新作でより素晴らしいものとなっています。金属の時計の鎖は研磨されて、サテンの砂と交錯して処理されます。ケースと時計の耳は完璧に一体化されています。八角形の研磨時計の輪は円形に囲まれています。腕時計の一つ一つは美しい比率と人体工学に対する究極の追求を示しています。
この腕時計の設計手法は独特な風格を持つ強力なカバーを作り出し、機能性の部品をカバーし保護しています。建物の本質のようです。Laurato桂冠シリーズの万年暦の腕時計が直面する挑戦は、わずか数立方メートルの空間ですべてを包み込み、その奥妙さを間近で見て、腕時計の魅力を肌で感じることができます。更に重要なのは、万年暦は多種の表示に関連していますので、読みやすく、調整したり、腕時計を装着している人の日常生活に近づけているかどうかの問題が増え、挑戦も大きくなります。

新春は亜美の娯楽の評論を祝福します。江詩丹トンの最新のブタの腕時計です。

新春の佳節が近づいてきて、各ブランドの市場も新春の味を濃くしています。2019年の春節は伝統的な旧暦の豚年で、富貴吉祥の象徴として、干支の豚の図案要素が人気があります。亜美エンタテインメントam 8亜美によると、世界の時計ブランドの江詩丹顿は時計収集家と高級時計愛好家のために再度M e tiers’Art芸術大家シリーズThe Legend of the Chinese Zodiac中国十二支伝奇の中の最新傑作である豚年腕時計パネライコピーを献上した。二つの限定版は各12匹の豚年腕時計を発行して、今年の新春に市場に登録して、工芸と芸術の完璧な融合を展示します。
実は、江詩丹顿によると、1845年から、江詩丹顿は中国と深い縁がありました。中国の切り纸芸术はスイス文化の中の切り影芸术と同じ効果を持っているので、この芸术工芸も江诗丹顿M es’Art芸术大家シリーズThe Legend of the Chinese Zodiac中国十二生肖伝奇腕时计のハイライトとなり、雕刻大師とエナメル大師が力を合わせて、このシリーズに新たな解釈を与えます。2013年から、江詩丹トンは中国の干支表の第一号となる蛇年の腕時計を発売しました。今回のシリーズは豚年干支に発展しました。ブランドは再び熟知したデザインと工芸を使って、神を伝える顔皿の画面を持ってきました。

スイスの高級腕時計の輸出が急増し、中国は最大の顧客です。

スイスの時計メーカーが2018年11月に海外に輸出した腕時計は同時期に増加し、この上昇傾向は現在も続いている。中国と香港地区の需要はとても大きくて、アメリカもクリスマスイブの一大取引先になります。
具体的には、11月のスイスの腕時計の輸出率は3.9%増加し、20.6億スイスフランに上昇しました。これは2015年10月以来、初めて20億台を突破しました。スイス時計協会はこれに喜びを感じています。
今年の前の11ヶ月を見ると、スイスの時計ロレックスコピーの輸出は7.1%上昇して195億瑞郎になり、2018年はまた輸出年の年となる見通しです。
中国はスイスの時計の輸出が上昇しているモーターで、今年の11月だけでスイスから中国に輸出された時計は15%上昇しています。今年の11ヶ月前から中国市場の伸び率は14%ぐらいになりました。スイス時計の最大の輸入者である香港は、中国人観光客の影響で11月の注文が10%近く増え、年間全体で21%も増えました。
11月にはアジア全体でスイスに対する需要が増加し、シンガポールへの輸出は9.5%増、アラブ首長国連邦は13%増、韓国は16%増となりました。スイスの第二の輸出国であるアメリカはスイスの腕時計に対する需要が18%も伸びました。