深セン税関は1億5000万元相当の訴訟に巻き込まれた密輸時計グループを破壊した

2017年7月、税関の密輸入部門は基本的に元MouやCao Mouなどの密輸ギャングの数々を習得し、「水上乗客」アリを通じて高級時計やその他の高級品の密輸を密輸し、密輸犯罪者ネットワークの組織構造を徐々に見つけ出しました。そしてギャングのメンバーは、遂にネットワークを実行することにしました。

7月13日の朝6時に、300人の民間警官と地元の警察官が、広州、深圳、南陽、北京、上海で活動していた25の行動グループに分けられ、5人の密輸集団を殺害し、容疑者を逮捕した。お名前その場で、ロンジン、ティソ、オメガを含む2,000以上のブランド時計が押収され、ドキュメンタリー証明書と電子証拠資料のブライトリングコピーバッチが押収されました。予備的な見積もりによると、ケースの価値は1億5000万元に達しました。

税関調査によると、この密輸ネットワークはよく組織化されており、明確な分業をしています。

2015年以来、上海、広州、南陽、北京などの関係貨物の所有者は、最初に香港の「Celebrity Station」および「New Century」を通じて高級ブランド時計を注文し、次に元が率いる密輸集団を依頼しました。香港では、腕時計が取り出され、曹操、鄧、関などの「水上乗客」組織に手渡され、荷物を隠すことによって福田港に密輸されました。最後に、元と他のギャングはエクスプレスメーリングチャンネルを使用して各都市の貨物所有者に引き渡します。

時計を購入する際の一般的な間違いです。

多くの場合、時計は単なる時計の道具ではありません。特に高級時計ロレックスコピーは、個人のアイデンティティを表示し個人の好みを反映するための手段です。 それで、私たちは時計を必要とすることが何度もありますが、私たちが時計を買うとき、私たちはしばしばいくつかの間違いをします。 以下は私の8つのポイントです、見てみましょう。

私は何度もあなたに言った、私は時計を買わなければならない。 この時計の外観が自分には適していないことがわかる理由、そしてさらに重要なことに、それはもっと無意識で直感的なものになる可能性があります。 だから、あなたは時計を購入しなければならない、あなたはただ美しく見えることはできない、いくつかの時計は、あなたは非常に良く見えますが、実際の着用は快適で美しくないかもしれません。 しかし、やはり、新しい時計はしばらくの間使い古される必要があります、そしてあなたは本当にどんな種類の時計があなたにとって本当に正しいかを決めることができます。 しかし、あなたはしばらくそれを着ることができないので、あなたはまだ始めなければならないので、最初の印象は非常に重要です。 あなたが腕時計を身に着けていることに快適さを感じていない、またはそれがそれほど見栄えがよくない場合は、それを購入しないのが最善です。

ビジネスチャンス:ソビエト時代の時計ブランドが栄光を取り戻す

世界中の多くの国がロシアに制裁を課した後、ロシアは反制裁の兆候を示すことを躊躇しませんでした。外の世界はロシアの製造業と生産活動に対するこれらの行動の影響について絶えず推測しています。需要が継続し、国際競争が突然なくなるにつれて、農業、食品加工、醸造など、個々の産業が繁栄することは当然です(アルコールやアルコール製品は認可されていませんが)。しかし、意外なことは、ロシアの時計業界は1990年代初頭の市場改革以来徐々に衰退してきており、現在ではわずかな回復を示しています。

モスクワはTrip Advisorや他の旅行Webサイトで低いスコアを持っていますが、外国人観光客の数は過去3年間で増加しました。事実、ヨーロッパの首都の中で、モスクワは中国本土からの最も旅行者の一人です。

多くの旅行者がお土産を買うのを好む、そしてモスクワの活気に満ちたアルバートストリートは人気のあるショッピング目的地である。多くの画家、大道芸人、コーヒーショップ、そしてもちろん土産物店があり、そのうちの3つはロシアの時計専門店であると言われています。

店内では、顧客は安価な模造品のロシア軍時計を見つけることができますが、ロシアの2つの主要時計ブランドRaketaとPobedaのロレックススーパーコピー最新製品も見つけることができます。これら2つの国内ブランドによって製造された自動および機械式時計はかなり公平で、それらのいくつかはより手頃な価格のクォーツムーブメントを使用しており、多くの選択肢があります。

しかし、店員によると、これらの時計は観光客しか引き付けることができないので、それらのほとんどはモスクワの店舗とサンクトペテルブルクの主要な観光地でのみ利用可能です。ほとんどの中流階級のロシア人は依然としてスイスの時計を好み、少なくとも日本の似たような時計を好みます。

多くの先住民のロシア人にとって、ラケタ、ポベダ、そしてその他のいくつかの老舗時計ブランド(ポロット、ルーシュ、スラバを含む)はソビエト時代の同義語です。過去には、これらの古風な時計は主に家族のコレクションで、失われた時代の象徴でした。今日、少なくとも2つの地元の時計ブランドが輝きを取り戻しており、その背後にある理由は探求する価値があります。

ロシアの時計の復活は、一部のスイスとロシアの投資家によるPetrodvortsovyの時計工場の買収に関連しています。時計工場はサンクトペテルブルクの近くにあり、1721年にロシアの皇帝ピーター大王の指揮によって設立されました。今日では、時計メーカーは投資家に支持され、事業を再開しています。