1970年当時を代表する男性用腕時計として選定

岡本太郎氏作の太陽の塔がシンボリックにそびえ立ち、アポロ12号が持ちかえった月の石を一目見ようと、長蛇の列ができた。1970年に開催された日本万国博覧会、通称・大阪万博は、77カ国が参加した戦後最大のビッグイベントだった。参加国に加え、多くの企業もパビリオンを出展。大阪を発祥とする松下電器(現パナソニック)も、その中の1社だった。その展示品の一つに、タイムカプセルがあった。

大阪万博開催を記念し、当時の文化を後世に伝えることを目的に1967年に毎日新聞社と共同でプロジェクトがスタート。物品と記録類、計2098点が選定され、2つのタイムカプセルに収められた。その収納品の男性用腕時計の代表として選ばれたのが、「61GS」だった。2つのタイムカプセルは1971年、大阪城公園本丸跡に埋設。その上にはモニュメントが築かれた。上下に重ねて埋められた各カプセルの内、上側の第2号機は、西暦2000年に一度掘り出され中身をチェック、以降100年ごとに検査が行われる。対して下側の第1号機を地中から取り出し開封するのは、なんと西暦6970年! つまり、万博開催から5000年後に設定されている。遥か未来の日本人が、61GSを見て何を思うのか? 何とも、夢がある。

スーパーコピー時計通販老舗/10%OFF夏セール。ブランド時計コピー直営店。品質も2年間保証しています!納期確認 050-4560-1300.唯一の正しいURL:JpSuperGreat7.CoM

手先や表情など繊細な動きを機械式機構により完璧に再現

オートマタの起源は、12世紀ヨーロッパで誕生した機械仕掛けの西洋人形に遡る。13世紀にはオートマタの重要な要素であるカムシャフト(運動の方向を変える複数のカムを備えた軸)が発明され、人形はより自在な動きをすることが可能になった。初期の代表的なオートマタは、時計台の鐘を鳴らす時計人形やオルゴールに近い自動演奏楽器などであるが、18世紀に入ると、水を飲み、羽ばたき、さえずるといった高度な動きの「シンギングバード」も開発された。

オートマタの進化は、時計の発展とも無縁ではない。両者とも自動の装置であり、実際に多くの時計職人たちがオートマタの製作に携わる。なかでも有名なのがスイス人時計師のピエール-ジャケ・ドローだ。彼は1758年にスペイン国王に招聘され、現地で成功を収めて大金をつかんだ後、スイスに戻ってオートマタの開発に没頭する。そして70年代、歴史的な三部作を発表した。

その一つ目は、2000個のパーツからなる「画家」。“ルイ15世の横顔”、“ルイ16世と王妃マリー・アントワネット”、“犬”など4つのデッサンを3次元的な手の動きで精緻に描くばかりか、作品の上に息を吹きかけ、鉛筆の粉を取り除く動作まで行う。二つ目の女性オルガン奏者をモチーフにした「音楽家」は、息子のアンリ・ルイが作曲した5つの曲を演奏。オルゴールでなく人形自身が音を奏で、胸部を上下させる呼吸の動き、手や上半身の動作に合わせた瞳の動きも緻密に再現する。三つ目は、40個のカムと6000個のパーツを擁す、最も複雑な構造の「文筆家」。4行に分かれた40文字の文章を書くことが可能で、カムの交換により文章も変更でき、時折インク壺にペンを浸け、余分なインクは落とし、さらに目線はしっかりとペン先やインク壺を追う。

これらは絵を描く、音を奏でる、文を書くといった本来の動きもすごいが、まるで生命が宿ったかのようなリアルな仕草がまた感動モノ。オートマタの最高傑作と呼ばれるにふさわしい完成度だ。

2019最高級Nランクのピアジェスーパーコピー通販です。当店のピアジェコピーは、工場直売ですので、御売価格にて高品質な商品を御提供致しております。お問合せは担当 細田。

パテック フィリップの“ウチの薀蓄”「ウチのプラチナケースは隠しダイヤ入り!」

時計のケースでPGやRG、YGの違いは、その色で見分けがつきやすい。しかしWGとPtとを一目で判別するには、よほどの経験が必要だろう。見た目にそれほど差がないのに、Ptケースが尊ばれるのは、純度の高さによる。WGケースは18金、つまり純度75%であるのに対し、Ptケースの純度は95%。しかもWGケースはロジウムメッキを施しているので、プレシャスな素材が直接肌に触れるという点も、Ptケースが貴ばれる理由だ。さり気なくダイヤモンドで高いプレシャス感を誇る

パテック フィリップは、そんな価値あるPtケースを、WGと明確に区別できるようにした。すべてのPtケースには、6時位置側のラグ間のサイドにラウンドダイヤモンドをセッティングしているのだ。とは言え、そのダイヤモンドは、普段はストラップに隠れて見えない。これ見よがしにプレシャス感を主張するのではなく、あくまでもさり気なく、というのが上品でパテック フィリップらしい。純度が高く、素材そのものが表層にあるPtは、ポリッシュ仕上げによりWGよりも白く輝く。パテック フィリップ一流の手仕上げは、その価値をさらに高める。

スーパーコピー時計通販、最高級ブランド時計コピーは品質2年無料保証です。NOOB製スーパーコピー腕時計のみ取り扱っていますので、品質がより安定してます。日本人経営の信頼できるサイトです。連絡先:050-4560-1404。

ヴァシュロン・コンスタンタン「オーヴァーシーズ」にブラックダイヤル

ヴァシュロン・コンスタンタン「オーヴァーシーズ」に新色が登場。文字盤に黒色を使用し、ともに自動巻きの3針(左) とクロノグラフ(右) の2種類で展開。コレクションの特徴を活かしつつ、クロノグラフには視認性を重視した"パンダ・タイプ"を採用、明暗のコントラストを一層際立てた。SSケース。223万円~321万円。

神戸の正規時計宝飾専門店カミネが「グルーベル フォルセイ」国内独占取扱い

神戸の正規時計宝飾専門店「カミネ」が、2004年に設立されたスイスのブランド「グルーベル フォルセイ」の国内唯一となる取扱いを決定。「時を刻む彫刻家」として名高い同ブランドによる最高峰の技術と芸術が生む傑作を手にとって確かめられる。住所:兵庫県神戸市中央区播磨町49居留地平和ビル1F 営業時間:10:30 ~ 19:30 定休日:不定休

ブルガリ「オクト フィニッシモ オートマティック」バーゼルワールドでグランプリ授与

毎年年末の本誌「時計グランプリ」。2017年のグランプリは、ブルガリ「オクト フィニッシモ オートマティック」に決定したことを昨年冬号でお知らせしたが、そのトロフィー授与式が行われた。

授与式は、今年3月に開催されたバーゼルワールドで実施した。時計Begin編集長の中里がブルガリのブースを訪問し、同社CEOであるジャン – クリストフ・ババン氏にトロフィーを手渡すと、ババン氏はにっこりと微笑んでそれを受け取り、次のようにコメントした。「本当にうれしく思います。2017年のGPHGでいただいたトロフィーが本社に飾ってあるのですが、その横に飾りたいと思います。ありがとうございました」。

GPHGとは、高級時計のアカデミー賞といわれる「ジュネーブ時計グランプリ」のこと。並み居る強豪を抑えてその最高賞にも輝いた本作は、厚さ5・15ミリという驚異的な薄さに加え、文字盤までもチタン製にした斬新なアイデア、そしてドレッシーでありながらモダンかつスポーティさを感じさせる佇まいなど、トータルバランスに優れた完成度が受賞の決め手となった。まさにグランプリにふさわしい、薄型時計の新機軸となる1本である。

ラルフ ローレンの最新ウォッチプレビューイベントが今週末から開催!

今年1月にスイス、ジュネーブで開催されたSIHH 2012(ジュネーブサロン)で発表され、話題の最新作ウォッチがラルフ ローレン 表参道に登場。4月21日(土)〜30日(月)の期間、プレビューイベントが開催される。

今回紹介されるモデルの中でも注目なのは、スティラップ ラージモデル ステンレス スチールの白文字盤仕様、“ガンメタル”製ウォッチの新作の2つだ。

前者は現代のクラシックウォッチとして人気のモデルに待望の白文字盤仕様が加わり、より一層エレガントな佇まいに。一方、後者はウォッチ史上、おそらく初めてと思われるユニークな“ガンメタル”素材のケースを採用し、エイジング加工されたオリーヴグリーンのキャンバス地ストラップで無骨なテイストに仕上がった。

まったく性格の異なるこの2モデル以外にも、スリム クラシック コレクションの新作、スポーティング コレクションのセラミック モデルの新作なども展示される。時計ファンならずとも足を運びたいイベントだ。

2019最高級Nランクの パネライスーパーコピー通販です。当店の パネライコピーは、工場直売ですので、御売価格にて高品質な商品を御提供致しております。お問合せは担当 細田。

ザクセンでファミリーが紡ぎ出す至宝の時計──A.ランゲ&ゾーネ

12月7日は、A.ランゲ&ゾーネにとって2つの意味での誕生日である。何故なら1845年に初代フェルディナンド・アドルフ・ランゲが自らの工房を開いた日であり、また東西冷戦に翻弄され西ドイツに亡命していた4代目ウォルター・ランゲが故郷に戻り、工房を再興した日だからだ。上の写真、初代の彫像と、それに寄り添うウォルター氏とを見比べると、なるほど血筋、よく似ている。しかし受け継いだのは風貌だけではない。時計製作における豊かな才能と情熱、そして社会貢献に対する高い意識もまた、受け継いでいる。

ランゲ家による時計製作の歴史を遡ると、ドイツ連邦共和国ザクセン州の州都、ドレスデンに行き着く。豊かな水量を湛えるエルベ川に沿って、荘厳なバロック建築が建ち並ぶ古都は、1918年に王制が廃止されるまでおよそ1000年にわたり、歴代ザクセン君主が統治した王国であった。1697年には、ザクセン選帝公フリードリッヒ・アウグスト1世がポーランド国王にも即位し、栄華を極めたザクセンは、当時、欧州における科学・芸術・文化の中心地だったという。現在、街の中心地に残る多くの美術館や博物館は、栄華の名残だ。

多くの歴史的建造物が残る街の中心部で、一際目を惹くのが、「ゼンパー歌劇場」であろう。左右対称のファサードが美しく、中へと至れば天井に描かれたフレスコ画に目を見張る。そしてワーグナー自らがタクトを振るったこともあるホールの壁には、5分毎に数字が切り替わる巨大なデジタル式5分時計が、時の訪れを知らせる。この時計の製作者こそ、初代アドルフ・ランゲとその師ヨハン・フリードリッヒ・グートケスなのである。ザクセンの宮廷時計師であったグートケスに見出され、アドルフは時計師としての才能を開花させていった。そして後にグートケスの娘婿となり、今も本社のあるエルツ山地の町に、時計工房を構えることとなる。

スーパーコピー時計を生産しているNOOB工場のサイトです。最高級のレプリカ時計をH直々生産して工場出荷価格で販売しています。弊店のすべてのスーパーコピー時計は3年無料保証になります。

毎時36,000振動はマニュファクチュールの矜持

1969年は、2つの発明がもたらされた年として、時計史に刻まれる。ひとつは世界初のクォーツ式腕時計、もうひとつが自動巻きのクロノグラフ・ムーブメントの誕生である。

クロノグラフの自動巻き化は、長く時計界の悲願だった。スイスや日本のメーカーがこぞって開発を推進していたという。そしてこの年、同時多発的に3つの自動巻きクロノグラフ・ムーブメントが発表された。内ひとつが、開発に5年を費やしたゼニスのエル・プリメロである。

誕生から45年を経た今も、エル・プリメロが名作と呼ばれているのは、唯一無二の毎時3万6000振動のハイビートを誇っているから。これを1秒に換算すれば10振動、つまり秒針は1秒間を10ステップで運針することとなり、すなわち10分の1秒の計時を可能とする。

この1秒で10ステップ運針をもたらすのは、時を刻むテンプの動きであり、同じように1秒間に10回の高速振動をしている。コマが高速で回転するほど安定するにと同じ。高速振動するテンプは、動きが安定して耐衝撃性能が高まり、精度も得やすくなるのだ。

近年のゼニスは、高性能なエル・プリメロをベースに、モジュールを追加することで多機能化を図っている。ここで紹介する2作も、それぞれ異なるカレンダー機能を搭載して、ハイビート・クロノグラフの魅力を一層高めるに奏功している。

2019最高級Nランクのピアジェスーパーコピー通販です。当店のピアジェコピーは、工場直売ですので、御売価格にて高品質な商品を御提供致しております。お問合せは担当 細田。

「グランドセイコーには、絶対的な信頼感、安心感がある」竹野内豊

▲「ヴィンテージウォッチは、見ていて飽きない。でも手巻きなので、気づくと止まってしまう。その点、グランドセイコーの時計は何日使っていてもほとんど誤差がないので安心できます」

あるとき、偶然雑誌で、ヴィンテージウォッチを目にして、憧れを抱くようになったという。

「時計だけでなく、ファッションなどのデザインやクオリティは、1920年代から50年代頃が至高。このころにすべてが完成されていて、普遍性をもったものが多いと思います。だからか、どうしてもその当時の時計に心が惹かれてしまうんでしょうね」

寡黙なイメージの俳優・竹野内豊だったが、時計の魅力を語る姿は、そのイメージを覆すものだった。