新しく仲間入りするのは6時位置にストラップを設置した個性的なモデル

建築、インテリア、プロダクト、グラフィックと多岐にわたってデザインを手掛け、Newsweek誌“世界が尊敬する日本人100人”に選出され、Wallpaper誌、ELLEDECOR誌をはじめとする世界的なデザイン賞の数々を受賞した“佐藤オオキ”氏が代表を務める“デザインオフィスnendo”が手掛けた、時計が10時10分を示す時が最も美しく見え、また時間と分を区切る記号“:”が点と点であることから名付けられた時計ブランド“10:10 BY NENDO(テンテンバイネンド)”から新シリーズ“backle(バックル)”が登場する。

(ルミノックス)”から、創業30周年を記念した新作モデルがリリース!

1989年に創業。1993年に米国海軍特殊部隊“Navy SEALs”隊員からの開発要請にはじまり、その後も、世界各国の公的機関に採用されるモデルなどを次々発売してきた“Luminox(ルミノックス)”。

今回紹介するのは2019年に30周年を迎えた“Luminox(ルミノックス)”が、創業30周年を記念して製作したモデル。人気コレクションの“ネイビーシールズ”の最新作だ。

2017年に誕生した“ネイビーシールズ3500シリーズ”の進化系となっており、サファイアクリスタルガラス(片面無反射コーティング)、ねじ込みリューズ、スクリューバックの裏ブタを採用。さらに今回はブランド初となる日付表示に拡大鏡を3時位置の採用し、タフネスと実用性がさらに強化された仕上がりとなった。

船平の“カジュアル時計レビュー”/フューチャーファンク新作

まだまだ一大トレンドとまではいかないが、ここのところ、時計界でじんわりと勢力を伸ばしている“レトロデザイン”。

米ソの宇宙開発競争に世界中が注目していた1970年代に流行した近未来的なスペースエイジデザイン、80年代に作られていた多機能デジタルウオッチなどをざっくりとまとめてカテゴライズしたジャンルなのだが、欧米のブランドはもちろん、日本国内の時計ブランドからも70年代テイストのデザインや、当時のアーカイブを復刻したモデルがリリースされ、人気が高まっているのだ。

かなり大まかなカテゴライズなので、“レトロデザイン”とひとくくりにしてもそのテイストはバラバラなのだが、なかでも象徴的なジャンルと言えるのが、数字をプリントしたディスクを回転させることで、文字盤の小窓から時刻を表示する“機械式デジタル時計”だろう。

1970年に世界初のLEDデジタルウォッチ、ハミルトンの“パルサー”が登場し、ジラール・ペルゴ、ゼニス、ロンジンなどの名門からもLEDデジタルウォッチが発売されるなか、LEDデジタルウォッチを模して製作されたのが“機械式デジタル時計(機械式のデジタル表示ウオッチ)”なのだが、そのユニークなデザインが再注目され、近年、カジュアルウオッチとしてリリースされているというわけだ。

今回、紹介する“FUTURE FUNK(フューチャーファンク)”は、そんな70年代に、JAZ社が発表したローラー型デジタル時計にオマージュを捧げて製作された日本発の個性派ブランド。
車の距離メーターのようにローラーを縦に回転させることによって時刻を表示する特徴的な機構に加え、70年代に花開いたスペースエイジデザインを現代的にアレンジしたデザインが特徴となっている。

これまでに、トノーケースの“FF101”シリーズ、ラウンドケースの“FF102”、ワールドタイム風デザインの“FF103”という3つのシリーズでコレクションを拡充。最新作として発表されたのがこの“FF104”シリーズというわけだ。

多くの観衆へ彼らの才能を広めるサポートしてきた功績が

そんな栄えある「モンブラン国際文化賞(レプリカ時計モンブラン・ドゥ・ラ・キュルチュール-アート・パトロネージ・アワード)」の日本における2016年度の授賞式が、12月21日(水)、東京・晴海の第一生命ホールにて開催され、25周年となる今年度の受賞者は、音楽・映画・出版・広告などメディアを越えて精力的に活動し、そのマルチな才能で日本人初となるアカデミー賞受賞など、様々な分野において活躍してきた坂本龍一氏が選ばれた。坂本氏は音楽や舞台芸術、絵画などあらゆるフィールドで活躍する、若きアーティストの才能を伸ばすプロジェクトを、数多く成し遂げており、楽曲リリースやコンサートを開催することで、多くの観衆へ彼らの才能を広めるサポートしてきた功績が、今回の受賞に繋がった。坂本氏は今回の受賞を受け「このようなプレスティージャス(名誉ある)な賞をいただいていいのだろうかという 気持ちでいっぱいです。歳を取ってくると上の世代の責任として、下を育てなければいけない。また一生懸命自分が色々やってきたことなど、経験を伝えるのも大切な役目だと感じています。過去受賞されているオノ・ヨーコさんや小澤征爾さん等と並んでしまうと僕なんかでいいのかという気持ちが強いですが、しっかり受け止めてこれからも精進して参ります。」と壇上でコメントを述べた。

各芸術分野の中でパトロンとして活躍している人々から

1992年に設立された、ブランド時計コピー「モンブラン国際文化賞(モンブラン・ドゥ・ラ・キュルチュール- アート・パトロネージ・アワード)」は、芸術・文化の世界において、情熱と献身を傾けて若い才能の支援を行うアートパトロンを讃える、世界でも唯一の文化表彰である。以来毎年1回、世界各国(本年度は、ドイツ、スイス、フランス、イギリス、イタリア、スペイン、ロシア、ギリシャ、アメリカ、メキシコ、コロンビア、ブラジル、中国、韓国、香港、そして日本の16カ国)で、各芸術分野の中でパトロンとして活躍している人々から、厳正なる審査の元、各国1名ずつ選ばれる。日本では、これまでアーティストのオノ・ヨーコ氏(2011)、歌舞伎俳優の市川猿翁氏(2013)、指揮者の小澤征爾氏(2014)、バレエダンサーの熊川哲也氏(2015)をはじめとする錚々たる人々に贈られてきた。四半世紀に届いた現在では、芸術界でも権威ある賞としての地位を築き「アート界のオスカー」の異名をとるほどとなり、審査員は各芸術分野で活躍する、著名人で構成されており、本年度の日本からの審査員は、デヴィ夫人、書道家の武田双雲氏、ダンスパフォーマー蛯名健一氏の3名が選出されている。

永久カレンダーと高精度ムーンフェイズ表示

このユニークピースはダブルフェイスの文字盤に 23 種類の複雑機構を表示。スレートグレーに彩られた表側のブランド時計コピー文字盤には、15 種類のコンプリケーションが巧みに配置され、常用時と太陽時(連続作動均時差表示)が3 本の同軸針から読み取れるだけでなく、永久カレンダーと高精度ムーンフェイズ表示、そして、潮位と地球-月-太陽の位置関係を示す3D描画とを組み合わせた素晴らし潮汐表示が配されている。潮汐は物理法則に支配され、これら3つの天体の間で働く引力や遠心力によって変化している。

これからやって来る時がいわば“メモリー”にプログラムされている永久カレンダーは、グレゴリオ暦の不規則なカレンダー通りに合わせて正確な表示を行い、人為的な修正は400 年毎に1 日しか必要が無く、この永久カレンダーでは、曜日、月、閏年の周期が窓で示され、サーペント型の針によるポインターデイトで日付が示される。

エレガントで魅力的な高精度ムーンフェイズ表示は、122 年間で1 日分の修正しか必要がない。このムーンフェイズ表示は、2 枚重ねたディスクを利用して行われ、レーザーエングレービングで本物の満月の姿を再現した月の満ち欠け、デイナイト、前回の満月から次の満月までを日数で表す月齢が読み取れる。こうした時間と潮位このユニークピースはダブルフェイスの文字盤に 23 種類の複雑機構を表示。スレートグレーに彩られた表側の文字盤には、15 種類のコンプリケーションが巧みに配置され、常用時と太陽時(連続作動均時差表示)が3本の同軸針から読み取れるだけでなく、永久カレンダーと高精度ムーンフェイズ表示、そして、潮位と地球-月-太陽の位置関係を示す3D 描画とを組み合わせた素晴らし潮汐表示が配されている。潮汐は物理法則に支配され、これら3 つの天体の間で働く引力や遠心力によって変化する。これからやって来る時がいわば“メモリー”にプログラムされている永久カレンダーは、グレゴリオ暦の不規則なカレンダー通りに合わせて正確な表示を行い、人為的な修正は400 年毎に1 日しか必要がないのだ。この永久カレンダーでは、曜日、月、閏年の周期が窓で示され、サーペント型の針によるポインターデイトで日付が示される。

エレガントで魅力的な高精度ムーンフェイズ表示は、122 年間で1 日分の修正しか必要が無く、このムーンフェイズ表示は、2 枚重ねたディスクを利用して行われ、レーザーエングレービングで本物の満月の姿を再現した月の満ち欠け、デイナイト、前回の満月から次の満月までを日数で表す月齢が読み取れる。こうした貴重な複雑機構を補足するのが日の出・日の入りの時刻表示で、各目盛りを移動する細い2 本の針で示され、6時位置には昼夜の長さもわかる特別なゲージが置かれている。高級時計の分野では稀にしか見られないこうしたコンプリケーションの組み合わせをさらに充実させるのは、半円の中に並ぶ魅力的な数々の表示、すなわち黄道12星座、四季、至点、分点です。至点は夏と冬の2 つがあり、夏至では昼が最も長く、冬至では最も短くなる。分点は春と秋が始まるころにそれぞれあり、春分と秋分では昼と夜の長さが等しくなる。

世界最古の老舗が贈る、263年目の到達点|ヴァシュロン・コンスタンタン

ジュネーブに拠点を置く最古のマニュファクチュールブランドとして、1755年の創業以来263年にわたって現在も活動を続けるヴァシュロン・コンスタンタン。 言わずと知れたこの名門タグホイヤーコピーブランドは、時計好きの枠を超えて、着用者の「人となり」を象徴する特別な地位にある。 今年のSIHHでのヴァシュロン・コンスタンタンのトピックスは、この新コレクションの登場に尽きる。オーヴァーシーズ、パトリモニー、マルタ等、確固たる信念と哲学を持ったコレクションに新たに加わることとなった「フィフティーシックス」コレクションだ。

「フィフティーシックス」という名称や数字には、特別な意味がある。1956年に発表されたモデル「リファレンス6073」だ。今、パッと目の前にこのモデルを出されて「今年の新作です」と目の前に出されても、全く違和感のないこのオリジナルモデルは、独創的な創作がとくに充実していた当時のヴァシュロン・コンスタンタンの中でも出色の存在感を放っていた。

 そのエッセンスを凝縮した「フィフティーシックス」は、一目で見分けがつくシェイプに特色があり、ヴァシュロン・コンスタンタンのシンボルマークとなっているマルタ十字の4枝をアレンジしたラグがとりわけ印象的である。

針やムーブメントに見られるミネルバアローが配されている

モンブラン タイムウォーカー コレクションは、ヴィンテージをテーマにしたスタイリッシュさ、高性能、革新性、視認性、堅牢性を併せ持つモダンな仕上がりになっており、ミネルバのプロ仕様計時装置の流れを併せて汲んでいる。モンブラン タイムウォーカー コレクションの美しさは、レースの世界をそのままに表現したもの、といえるだろう。サテン仕上げのケース、セミスケルトンホーン、構築的なカーブを描く側面など、デザインディティールは、クラシックカーのボディの空気力学的なラインからインスパイアされている。

 さらに細部に目を向けると、ハイテクブラックセラミックベゼルの側面とリューズとプッシャーの側面には、ローレット仕上げが施されている。リューズとプッシャーはヴィンテージカーのガソリンキャップを彷彿とさせ、スモークガラスのケースバックからムーブメントが透かし見える様子はV12 エンジンを思わせる。レザーストラップにも、ヴィンテージなレザーレーシンググローブに敬意を表してホールが穿たれているのもしっかりとその矜持を刻み込んでいる。

 タイムウォーカーのすべてのモデルには、機能性と精度に充分な配慮がなされている証に、針やムーブメントに見られるミネルバアローが配されている。それは、ミネルバの160 年のウブロコピー時計製造の歴史をただ受け継ぐだけではなく、ミネルバと、モンブラン自身のクラフツマンの矜持を見事に融合させている。

「時計ブランドとしてのモンブラン」は実に様々な切り口で独自の世界観を生み出し続けている。さながらわずかな傾きで全く異なる色彩を放つ万華鏡のように、飽きさせることのない独創的なモデルをこれからも生み出していくことを改めて宣言しているようにも感じられる。

レーシングスピリット -モンブラン タイムウォーカー

スーパーコピー時計モンブラン タイムウォーカー コレクションは、20 世紀初頭のモーターレースの黄金時代に思いを馳せつつ、ミネルバがその地位を不動のものとした歴史も併せて表現できるよう、高いパフォーマンスを発揮することに注力したコレクションとなっている。

モーターレースへの世界的な情熱と関心は、新しいエンジンと軽い車体で自動車が急速にスピードアップした20世紀初頭に始まった。髪の毛ほどの差で勝敗が決まっていたので、どんなに僅差でも正確に測定できるデバイスの需要が生まれたのは必然であろう。当時、ミネルバは、短い時間を精確に測定する高品質な計時装置製造においては他の追随を許さない確固たる地位を築いていた。

 1/100秒単位まで計測できるストップウォッチや、有名な「ラリータイマー」のような経過時間計測装置は、モータースポーツの豊かな歴史を象徴するものだろう。伝説的な世界中のスポーツイベントで採用されたミネルバのストップウォッチは、自動車の性能向上の歴史とともに発展したことは疑いない。

グッチ 確かな方向性を示す。大胆な〔G-タイムレス〕ウォッチに2つの最新モデル

グッチのコードを反映した特徴的なスタイルの〔G-タイムレス〕ウォッチには、大きなビー(ハチ)がダイヤルの中央に大胆に配されています。洗練されたスレッド仕上げにより、グッチのエンブロイダリーをかたどって描かれたこのデザインには、ユニークなグッチのスピリットが現れています。

 より小さなサイズで表現されたインターロッキングG、スター、ビー(ハチ)といったモチーフは、インデックスに繊細にあしらわれています。

GUCCI(グッチ) 確かな方向性を示す。大胆な〔G-タイムレス〕ウォッチに2つの最新モデル
 このウォッチは、38mmステンレススチール ケースに、シルバーのサンブラッシュ ダイヤルと反射防止コーティングが施されたサファイアガラスを備えています。ひとつはステンレススチール、もうひとつにはステンレススチールとイエローゴールドPVDのブレスレットが組み合わされています。いずれも、幅広いオケージョンのあらゆる装いにマッチするデザインです。50mの防水性を備えたスイスメイド ウォッチです。

2019最高級Nランクの パネライスーパーコピー通販です。当店の パネライコピーは、工場直売ですので、御売価格にて高品質な商品を御提供致しております。お問合せは担当 細田。