世界最古の老舗が贈る、263年目の到達点|ヴァシュロン・コンスタンタン

ジュネーブに拠点を置く最古のマニュファクチュールブランドとして、1755年の創業以来263年にわたって現在も活動を続けるヴァシュロン・コンスタンタン。 言わずと知れたこの名門タグホイヤーコピーブランドは、時計好きの枠を超えて、着用者の「人となり」を象徴する特別な地位にある。 今年のSIHHでのヴァシュロン・コンスタンタンのトピックスは、この新コレクションの登場に尽きる。オーヴァーシーズ、パトリモニー、マルタ等、確固たる信念と哲学を持ったコレクションに新たに加わることとなった「フィフティーシックス」コレクションだ。

「フィフティーシックス」という名称や数字には、特別な意味がある。1956年に発表されたモデル「リファレンス6073」だ。今、パッと目の前にこのモデルを出されて「今年の新作です」と目の前に出されても、全く違和感のないこのオリジナルモデルは、独創的な創作がとくに充実していた当時のヴァシュロン・コンスタンタンの中でも出色の存在感を放っていた。

 そのエッセンスを凝縮した「フィフティーシックス」は、一目で見分けがつくシェイプに特色があり、ヴァシュロン・コンスタンタンのシンボルマークとなっているマルタ十字の4枝をアレンジしたラグがとりわけ印象的である。

針やムーブメントに見られるミネルバアローが配されている

モンブラン タイムウォーカー コレクションは、ヴィンテージをテーマにしたスタイリッシュさ、高性能、革新性、視認性、堅牢性を併せ持つモダンな仕上がりになっており、ミネルバのプロ仕様計時装置の流れを併せて汲んでいる。モンブラン タイムウォーカー コレクションの美しさは、レースの世界をそのままに表現したもの、といえるだろう。サテン仕上げのケース、セミスケルトンホーン、構築的なカーブを描く側面など、デザインディティールは、クラシックカーのボディの空気力学的なラインからインスパイアされている。

 さらに細部に目を向けると、ハイテクブラックセラミックベゼルの側面とリューズとプッシャーの側面には、ローレット仕上げが施されている。リューズとプッシャーはヴィンテージカーのガソリンキャップを彷彿とさせ、スモークガラスのケースバックからムーブメントが透かし見える様子はV12 エンジンを思わせる。レザーストラップにも、ヴィンテージなレザーレーシンググローブに敬意を表してホールが穿たれているのもしっかりとその矜持を刻み込んでいる。

 タイムウォーカーのすべてのモデルには、機能性と精度に充分な配慮がなされている証に、針やムーブメントに見られるミネルバアローが配されている。それは、ミネルバの160 年のウブロコピー時計製造の歴史をただ受け継ぐだけではなく、ミネルバと、モンブラン自身のクラフツマンの矜持を見事に融合させている。

「時計ブランドとしてのモンブラン」は実に様々な切り口で独自の世界観を生み出し続けている。さながらわずかな傾きで全く異なる色彩を放つ万華鏡のように、飽きさせることのない独創的なモデルをこれからも生み出していくことを改めて宣言しているようにも感じられる。

レーシングスピリット -モンブラン タイムウォーカー

スーパーコピー時計モンブラン タイムウォーカー コレクションは、20 世紀初頭のモーターレースの黄金時代に思いを馳せつつ、ミネルバがその地位を不動のものとした歴史も併せて表現できるよう、高いパフォーマンスを発揮することに注力したコレクションとなっている。

モーターレースへの世界的な情熱と関心は、新しいエンジンと軽い車体で自動車が急速にスピードアップした20世紀初頭に始まった。髪の毛ほどの差で勝敗が決まっていたので、どんなに僅差でも正確に測定できるデバイスの需要が生まれたのは必然であろう。当時、ミネルバは、短い時間を精確に測定する高品質な計時装置製造においては他の追随を許さない確固たる地位を築いていた。

 1/100秒単位まで計測できるストップウォッチや、有名な「ラリータイマー」のような経過時間計測装置は、モータースポーツの豊かな歴史を象徴するものだろう。伝説的な世界中のスポーツイベントで採用されたミネルバのストップウォッチは、自動車の性能向上の歴史とともに発展したことは疑いない。