フライング・レギュレーター オープンギア レ・セック

ダイヤルはベース部分とスケルトン化された輪列受けや時・分表示サークルなどの2 層構造。スーパールミノバとセラミックを混合したインデックスを採用。世界限定50本。自動巻き。径44㎜。18KRGケース。アリゲーターホーンバックストラップ。323万円。

クロノスイスの新作モデルが上陸
クロノスイスは、レギュレーターコレクションにブランド初となるレトログラードセコンドを組み合わせた新作「フライング・レギュレーターオープンギア レ・セック」を9月より発売する。6時位置には、従来のスモールセコンドの代わりに120度の扇形の中を往復運針するレトログラード秒針を配置。秒針が30に達すると針はジャンプし、再びスタート地点の0に戻る。バリエーションは全5モデルで、各世界限定50本。3時位置にシリアルナンバーが記されている。
ロレックススーパーコピー時計等のブランド時計コピーを販売しています。弊店はNOOB自社製のスーパーコピー時計のみ取り扱っていますので、品質がより安定しています。ロレックスコピー時計はご注文から1週間でお届け致します。

『時計Begin』の発行元である世界文化社が主催するカルチャーサロン「セブンアカデミー」

そして2本目は、カルティエ。いわゆるクロッシュと呼ばれるタイプに近いのだが、この時計は、馬を操る馬具である鐙(あぶみ)をモチーフにしていると思われる独特の形状。クロッシュとは釣鐘の意味で、カルティエには、似たような形でいろいろなケース形状が存在しており、教会(カテドラル)型と呼ぶ人もいる。
松山さんのこちらの時計は、3時位置にリューズがあり、カボションと12時位置のケースとベルトのつなぎ目にダイヤがはめ込んである豪華なもの。70年代製で、極薄の手巻きムーブメントが内蔵されているから、おそらくルクルト製のムーブであろう。90年代初頭に横浜・元町のアンティークショップで買い求めたものだ。

1本目は、80年代初頭に手に入れた「パテックフィリップ」。ベゼルとケースが一体化した珍しい防水仕様で、かなりのレアピース。いわば変形カラトラバである。アップライトのローマ数字インデックスと6時位置スモールセコンドが端正なこの時計の魅力を引き立てている。
原宿のハナエモリビルにあったアンティークウォッチショップにあったものだが、なんと松山さん、この時計を物々交換で手に入れたというのだ。なんでも店の親父さんが、「この高い時計は売りにくいから、松山さんの持っている時計何本かと交換してくれんか」といわれたのだという。 そこで松山さんは、数年前からのコレクションを整理し、手元にあったルクルトやギャレ、モバードなどを差し上げることで、高級時計の頂点ともいえるパテックのレアモデルを手にすることになったのである。まさに時計わらしべ長者といえるお話である。

そして2本目は、カルティエ。いわゆるクロッシュと呼ばれるタイプに近いのだが、この時計は、馬を操る馬具である鐙(あぶみ)をモチーフにしていると思われる独特の形状。クロッシュとは釣鐘の意味で、カルティエには、似たような形でいろいろなケース形状が存在しており、教会(カテドラル)型と呼ぶ人もいる。
松山さんのこちらの時計は、3時位置にリューズがあり、カボションと12時位置のケースとベルトのつなぎ目にダイヤがはめ込んである豪華なもの。70年代製で、極薄の手巻きムーブメントが内蔵されているから、おそらくルクルト製のムーブであろう。90年代初頭に横浜・元町のアンティークショップで買い求めたものだ。

1本目は、80年代初頭に手に入れた「パテックフィリップ」。ベゼルとケースが一体化した珍しい防水仕様で、かなりのレアピース。いわば変形カラトラバである。アップライトのローマ数字インデックスと6時位置スモールセコンドが端正なこの時計の魅力を引き立てている。
原宿のハナエモリビルにあったアンティークウォッチショップにあったものだが、なんと松山さん、この時計を物々交換で手に入れたというのだ。なんでも店の親父さんが、「この高い時計は売りにくいから、松山さんの持っている時計何本かと交換してくれんか」といわれたのだという。 そこで松山さんは、数年前からのコレクションを整理し、手元にあったルクルトやギャレ、モバードなどを差し上げることで、高級時計の頂点ともいえるパテックのレアモデルを手にすることになったのである。まさに時計わらしべ長者といえるお話である。

1本目は、80年代初頭に手に入れた「パテックフィリップ」。ベゼルとケースが一体化した珍しい防水仕様で、かなりのレアピース。いわば変形カラトラバである。アップライトのローマ数字インデックスと6時位置スモールセコンドが端正なこの時計の魅力を引き立てている。 <br>原宿のハナエモリビルにあったアンティークウォッチショップにあったものだが、なんと松山さん、この時計を物々交換で手に入れたというのだ。なんでも店の親父さんが、「この高い時計は売りにくいから、松山さんの持っている時計何本かと交換してくれんか」といわれたのだという。 そこで松山さんは、数年前からのコレクションを整理し、手元にあったルクルトやギャレ、モバードなどを差し上げることで、高級時計の頂点ともいえるパテックのレアモデルを手にすることになったのである。まさに時計わらしべ長者といえるお話である。そして2本目は、カルティエ。いわゆるクロッシュと呼ばれるタイプに近いのだが、この時計は、馬を操る馬具である鐙(あぶみ)をモチーフにしていると思われる独特の形状。クロッシュとは釣鐘の意味で、カルティエには、似たような形でいろいろなケース形状が存在しており、教会(カテドラル)型と呼ぶ人もいる。 <br>松山さんのこちらの時計は、3時位置にリューズがあり、カボションと12時位置のケースとベルトのつなぎ目にダイヤがはめ込んである豪華なもの。70年代製で、極薄の手巻きムーブメントが内蔵されているから、おそらくルクルト製のムーブであろう。90年代初頭に横浜・元町のアンティークショップで買い求めたものだ。

■参加ご希望の方は?
細かい時計のディテールやエピソード、それに、今回紹介予定の別の2本は、実際の講義に参加して見ていただくとして、良い物を出会ったときの、手に入れる、入れないの判断基準や信頼できるお店かどうかの判断基準、実際の使い方やメンテナンスなど、聞きたいこと、知りたいことは多くあるはず。質問タイムも設ける予定だ。

長年古今東西の名品、美品に触れてきた、趣味人ならではの“松山ワールド”を間近で体感して、ひと時を過ごすのは、「贅沢な勉強」の時間といえそうだ。\
ロレックススーパーコピー時計等のブランド時計コピーを販売しています。弊店はNOOB自社製のスーパーコピー時計のみ取り扱っていますので、品質がより安定しています。ロレックスコピー時計はご注文から1週間でお届け致します。

オーデマ ピゲ「時計以上の何か」を伝えるエキシビジョンを開催

オーデマ ピゲは10月19日から11月4日まで、東京ミッドタウンでエキシビション「時計以上の何か」を開催する。同展は、今年で13回目を迎える「Tokyo Mi dtown DESIGN T O UCH」の一環。世界的デザイナー、マティユー・ルアヌールの着想をもとに、数多くの有名アーティストが参加し、コンテンポラリーアートやデザインを通してオーデマ ピゲの職人たちのストーリーを紹介する。また、ヴィンテージモデルから最新モデルまで、150本以上の時計を展示。貴重な歴史的モデルを鑑賞できる、またとない機会となる。
ロレックススーパーコピー時計等のブランド時計コピーを販売しています。弊店はNOOB自社製のスーパーコピー時計のみ取り扱っていますので、品質がより安定しています。ロレックスコピー時計はご注文から1週間でお届け致します。