冒険家・登山家とともに歩んだ25年の歴史

誕生当時革新的だった自動巻き発電ムーブメントを、最先端技術を駆使した高機能な外装に搭載した初代モデルのほか、腕元での高度や気圧傾向の計測を可能にした高性能圧力センサーや、南半球での使用にも対応する機能を備えたムーブメントの開発などは、ランドマスターシリーズのマイルストーンとなっています。

2013年、世界最高齢の80歳にしてエベレスト登頂を成し遂げた三浦雄一郎氏とともに、極地での使用に適したスプリングドライブモデルが開発されたのもランドマスターシリーズでした。

このように時代に応じた進化を続けてきたランドマスターシリーズの、25年の集大成ともいうべきモデルが、4月20日に発売される最新作のメカニカルGMTウオッチです。

フラッグシップモデルの細部をあらわにした芸術的な一本

トンダ 1950は、パルミジャーニ・フルリエのフラッグシップシリーズです。最大の特徴は、超薄型ムーブメントの搭載。最新作のトンダ 1950 スケルトンが搭載するキャリバーPF707も、マイクロローター採用の自動巻きで厚さがわずか2.6mmとなっています。

この薄さを実現するため、ムーブメントの構成パーツも当然微細なものばかり。それらに鑑賞にたえる仕上げを施すことは、それ自体が複雑機構を組み込むのと同レベルの困難さを極めます。それは、パルミジャーニ・フルリエのような高級マニュファクチュールであればあるほどハイレベルになっていきます。

マクラーレン・オートモーティブとの初コラボウオッチは細部まで圧巻の造形美

リシャール・ミルは一昨年からマクラーレンF1チームとパートナーシップを締結しており、昨年には世界最軽量となる「RM 50-03 トゥールビヨン スプリットセコンドクロノグラフ ウルトラライト マクラーレンF1」を発表しています。この時計は、ムーブメントが7g、時計全体でも40gという驚異的な軽さと、1億円オーバーの価格で話題になりました。これが許容されるのは、ひとえにリシャール・ミルのブランド力というほかありません。

リシャール・ミルは1月のSIHHでは再び1億円オーバーの新作を出したばかりですが、今回のマクラーレン・オートモーティブとのコラボウオッチは、第88回 ジュネーブモーターショーでの発表となりました。

スポーツ心拍数グループJiamingスポーツウォッチは、健康の新しいトレンドをリードしています

天気は暖かくなってきており、まだ運動を始めていませんが、体重を減らして走り出す決心をしましたか?ランニングアスリートにとって、新年は新しい目標と約束を意味しますが、カレンダーに別の年のエントリープランを描くことは可能ですか?あなたが5キロ走るXiaobaiであろうと、何百もの戦闘を経験したマラソンマスターであろうと、最も重要なことは、適切なランニングスポーツ用品を選ぶことです。

ランニング愛好家が必需品としてすでに良い靴を持っている場合、自分に適したランニングウォッチを選択することは、スポーツを実行する新しいトレンドです。ストップウォッチにはプロの心拍数記録機能があり、ターゲットを絞ったエクササイズで明らかな役割を果たします。ランニング中に適切な心拍数レベルを維持するために、心拍数を観察することにより、少ない労力でより多くの結果をもたらすことができます。プロのランニングシューズ、心拍数ランニングウォッチ、ランニングコンプレッションスーツのペア、新年のランニングプランは半分以上成功しています。

アメリカンブランドのGarmin Forerunner 235は、Garminが独自に開発した光学式心拍数テクノロジーを使用するだけでなく、VO2max(最大酸素摂取量)、心拍数間隔、回復もサポートしているため、2016年の間違いなく最もホットなストップウォッチです一連のプロフェッショナルなストップウォッチ機能を待つことをお勧めします。 Forerunner 235が現在のプロフェッショナルな光学式心拍数ランニングウォッチの代表であると言っても過言ではありません。

ルイバオの新しいシリウスムーンフェイズは、星のようなフルダイヤモンドの装飾を見る

明るい白いマザーオブパールの文字盤は、輝く高貴なダイヤモンドを組み合わせており、過去数年の控えめなスタイルからの変化であり、2015年のクロノスイス・ルイバオは美しさを獲得しました。 2つの世界の宝物の完璧な組み合わせである自然の本質を採掘することで、シリウスのムーンフェイズは見事な時計になります。 鮮やかにカットされたダイヤモンドが豪華な側面を際立たせています。

マザーオブパールダイヤルには、6時位置にムーンフェイズインジケーターが装備されており、ロマンチックな星空と笑顔の満月の顔を垣間見ることができます。 Ruibao Siriusのニュームーンフェイズウォッチは深くてエレガントで、ステンレススチールのベゼルダイヤモンド、レッドゴールドのベゼルダイヤモンド、レッドゴールドのケースの3つのモデルがあります。 しっとりとした天然マザーオブパールのダイヤルはさらに完璧です。

Aerowatch新しいルネッサンス7ゾーンタイムゾーン時計

ホテルに足を踏み入れたときと同じように、カウンターで世界中の主要都市の時刻を見ることができます「ルネッサンス7タイムゾーンルネッサンスシリーズ7タイムゾーンウォッチ」頭を下げれば、すぐに世界中の6つの主要都市を理解できます、ニューヨーク、ロンドン、モスクワ、ドバイ)、およびメインの時間と分の表示がこの時計のユニークな旅行コンセプトを構成しています。

両方の場所のタイムゾーンが少なすぎ、24のタイムゾーンが多すぎます。この7ゾーンのタイムゾーン時計は、世界で最も繁栄している6つの都市を統合し、フェイスプレートの構成を効率的に簡素化します。ユーザーは、時計を受け取った後に基本的な調整を行うことができます。フェイスプレート上の6つのメトロポリタンタイムゾーンは24時間表示され、昼夜情報が明確に表示されます.10時位置にあるハンドルを押すと、クイック調整メカニズムにより、メイン時間を1時間単位(現地時間)ですばやく調整できます)、そして、設定された他の6回には影響しません。フェイスプレートのベースは放射状パターンで装飾され、アワーゾーンプレートは同心円で装飾されています。時、分、タイムゾーンの針にはスーパールミノバがあります。コーティングすると、低光源下でも簡単に読み取ることができます。時計の直径はわずか44mmです。ステンレススチール製です(ブラックPVD表面処理も可能です)。時計全体がヘアラインサンディングで装飾されています。細工されていますが、比較的控えめです。また、非常に簡単に着用できます。

“オメガ 1957トリロジー” スピードマスター 60周年リミテッド エディション

本機は、1957年に登場した初代モデル「スピードマスター2915」をデジタルスキャニングし、完全に再現したもの。
オメガの歴史に名を刻む傑作タイムピース「シーマスター300」「レイルマスター」でも同様にリアルな復刻版が製作され、「スーパーコピー時計オメガ1957トリロジー特別ボックスセット」(3モデルのセット)販売および単体販売が行われました。(※現在ほぼ完売)セットモデルのみ、ダイヤルにシリアルNo.入り。

グラビティマスターはアビエーションウオッチに 求められる視認性と実用性が向上

アプリ連携で多彩な機能を実現した航空コンセプトのG-SHOCK「グラビティマスター」から、フライトに求められる正確さと機能性を備えた新作が7月より発売されます。

大型の時分針とインデックスにより、視認性が向上。またフライトスケジュールを最大5本設定し、予定時刻までの残り時間を秒単位で時計に表示するカウントダウンアラームを搭載しています。

外装デザインではG-SHOCK初の7×33ドット表示「大型LCD」とIP処理された「多面構成メタルベゼル」を用いて、最新鋭のハイテク航空機をイメージ。なお「大型LCD」は、最新の航空機や旅客機に採用されているグラスコクピットをイメージしたもので、さまざまな情報を瞬時に確認できるのが特徴です。また2色成形バンドにより、ファッション性も高まっています。

機能面のアップデートとしては、今作からBluetooth接続による時刻修正に対応した「Connected エンジン」を搭載。Bluetooth通信機能でスマートフォンと連携、専用アプリ「G-SHOCK Connected」と接続し、カウントダウンアラームの設定やポイントメモリー機能によるフライトログで、飛行ミッションの移動距離や移動時間の記録を管理・保存することが可能です。またワールドタイム、タイマー、アラームなどの簡単設定も備えています。

これらスマートフォンリンク機能に加えて、高輝度なフルオートダブルLEDライト、ワールドタイムやストップウオッチなどの実用的な機能も搭載。そのすべては、カシオ独自の省電力技術「タフソーラー」によって安定的に駆動します。

アビエーションウオッチに求められる視認性の高いデザインと実用性を高めた新モジュールの搭載など、進化した「グラビティマスター」。その真価はぜひ、自分の目で確かめてみてください。

ダウンサイジングをしながらデザイン、機能すべてが進化!

New MT-Gは、新耐衝撃構造として、箱型のフレー ムを構成してモジュールを保護する「新コアガード構造」(既存モデルのコアガード構造がさらに進化!)を採用。さらにモジュールを保護するセンターケースの素材にカーボンファイバー強化樹脂を使用し、軽量化とさらなる耐衝撃性の進化を実現しています。

また外装構造のパーツのリサイズと組み合わせの再構成によって、MT-Gシリーズで初のミドルサイズ化を実現。初代MTG- S1000との比較で、ケース径12時~6時側で2.8mm、3時~9時側1.8mm、厚さ1.1mmのダウンサイジング。柔らかなソフトウレタンバンドを採用したことで、装着性も向上しています。

デザイン面では、透明度の高いサファイアガラスを採用。インデックスやインダイアルに施された繊細な仕上げによって、質感も高まっています。

独創の耐衝撃構造、時計の本質である美しさ、そして正確な時刻精度を追求する新モジュールの搭載など、さらなる進化を遂げたNew MT-Gとなっています。

「ブラック×レッド」の新カラーは、メタルケース部分に耐摩耗性にすぐれたブラックIP処理を施し、インダイアル、センターケース、ソフトウレタンバンドなどに落ち着いたレッドを配色。スポーティでありながらも、どこか落ち着いた印象の1本に仕上がっています。

フランスを代表する最高峰メゾンが衝撃のSIHH初出展

エルメスは、馬具工房に始まり、皮革製品を幅広く展開して世界的メゾンに成長。現在ではバッグやプレタポルテ、テーブルウェア等も扱う。時計製造は1920年代に着手し、スイス・ビエンヌにラ・モントル・エルメス社を構える。
これまでバーゼルワールドで新作を公開していたエルメスが、マニュファクチュールとしての技術の革新と、歴代モデルに対する時計界からの高評価を受け、今年からSIHHへの出展を開始。少数精鋭の新作にも「既成概念にとらわれた時計は作らない」というポリシーが貫かれている。