パネライの2大定番「ラジオミール」×「ルミノール」――フラッグシップ同門対決!

イタリア海軍への正式納入業者だったパネライが1936年の試作機を経て作り上げたのが、世界初の軍用ダイバーズとなる【ラジオミール】。ラジウムベースの粉末から作られた蛍光物質を使って深夜の海中でも視認性も確保し、戦時中の特殊潜水部隊の任務を支えました。

【ルミノール】は、終戦後の1949年にパネライが特許を取得したトリチウムベースの新しい蛍光物質「ルミノール」に、半円形リューズプロテクターと合わせて1950年代に誕生したモデルです。長くイタリア海軍の軍事機密扱いだったパネライを世界的ブランドにした立役者でもあります。

「最高級」パネライコピー、パネライスーパーコピー時計販売、「業界NO.1」日本人担当 齋藤 進一
http://www.ikebukuro777.com/goods/kind_16_1.html
パネライスーパーコピー時計等のブランド時計コピーを販売しています。弊店はNOOB自社製のスーパーコピー時計のみ取り扱っていますので、品質がより安定しています。パネライコピー時計はご注文から1週間でお届け致します。

王道時計に似合う一着は伝統の職人仕立て

それは間違いなく伝統へのリスペクトです。長い年月を掛けて熟成を重ね、研ぎ澄ますことで完成した機構やスタイルへの憧れと敬意。そういった思いが高級時計を手に取る理由ではないでしょうか。であるなら正統派のドレスウオッチを身に着けるときには、それらの伝統に敬意を表した身繕いを実践したいものです。

では、正統派のドレスウオッチに合わせるべき服装は何がベストでしょうか? 男性であるなら間違いなくテイラードのスーツでしょう。しかし昨今はテイラードを謳いながら、正統派ならざるスーツも少なくありません。たとえば華美なモードスーツ。そしてビジネス用ですが極端に短丈のスーツなども、本格時計の品位にそぐわないものです。正統派スタイルにこだわるなら、ヒップを覆うレギュラー丈の上着はもとより、高級な素材使いと職人仕立てを貫いた英国調スーツから選びたいもの。理想的にはオーダーメイドとなりますが、買い方を吟味すれば必ずしも〝誂え〞でなくても問題ありません。

【JUDGMENT!】時計通を自認するならば目指すはオートマティック!

IWC・ポルトギーゼのユニークなところは、クロノグラフの方が買い求めやすい点です。2倍近い価格差がある理由は、上で検証した通りオートマティックの方がよりIWCの技術力が凝縮されているからです。ペラトン自動巻き上げ機構を備え、「プローブス・スカフージア」のメダルを愛でることのできる7日間巻きは、歴史的にも、実用面でも価格差を補う魅力があります。

ですが、実はクロノグラフの方も昨年の150周年記念モデルとして、自社製Cal.69355搭載の限定機が登場。もし、これが近い将来レギュラー化したら、すでに人気のクロノグラフの勢いがさらに加速するかもしれません。

「最高級」IWCコピー、IWCスーパーコピー時計販売、「業界NO.1」日本人担当 齋藤 進一
http://www.ikebukuro777.com/goods/kind_33_1.html
IWCスーパーコピー時計等のブランド時計コピーを販売しています。弊店はNOOB自社製のスーパーコピー時計のみ取り扱っていますので、品質がより安定しています。IWCコピー時計はご注文から1週間でお届け致します。