パテック フィリップは手の届かない高嶺の花か?

ここまでの歴史を振り返っただけでもパテック フィリップがいかに特別な存在であるかがわかりますが、トミヤ タイムアート店 時計部門マネージャーの山田 恭裕さん曰く、「パテック フィリップは決して手の届かない高嶺の花ではない」そうです。今回、中国地方で同ブランドを扱う名店として話を聞きました。

「当店の2階にお越しいただければ、いつでもパテック フィリップのタイムピースをご覧いただくことができます。実際に手にするとお分かりいただけると思いますが、どの時計も細部まで徹底して作り込まれているため、製造本数は決して多くありません。その希少性もまた人気の理由になっており、日々多くのお問い合わせをいただいております」

1839年の創業以来、最高峰に君臨し続けるパテック フィリップ

パテック フィリップは1839年に創業しました。それから間もなく、1844年にはジャン・アドリアン・フィリップがパリ産業博覧会で発表した鍵なし竜頭巻上げ・時刻合わせで銅メダルを獲得。翌年に同機構の技術特許を取得すると、1851年にロンドンで開かれた万国博覧会でイギリスのヴィクトリア女王をはじめとする著名人に、世界初の鍵なし時計が賞賛されます。

1868年にはスイスで最初の腕時計を手がけると、1881年の高精度緩急調整機構、1889年の永久カレンダー機構、1902年のスプリット秒針クロノグラフ機構など、いくつもの技術特許を取得。また、ウェストミンスターの鐘を再現する超複雑懐中時計《レグラ公》(1910年)や、ヘンリー・グレーブス・ジュニアのために超複雑懐中時計《グレーブス・ウォッチ》(1933年)など、世界最高の技術力を持ってグランドコンプリケーションの製作にも取り組んでいました。

コンピューターによる設計や精密加工を自動で行うマシンなどが無い時代に、ときに千個以上にも及ぶパーツを確実に組み上げ、正確に動作させるには何よりも緻密かつ丁寧な仕事が欠かせません。こうした姿勢は、グランドコンプリケーションに限らず、すべてのパテック フィリップの製品に共通しています。

例えば、1932年にパテック フィリップが発表した「カラトラバ96モデル」。この腕時計はスモールセコンド付きの極めてシンプルな3針ウオッチでしたが、磨き抜かれたケースやムーブメントの仕上げ、文字盤に備え付けられたインデックスと針の形状や互いのバランスなどは、いまもすべてのドレスウオッチの規範となっています。

アクティブな大人の毎日を支える1本

ケース、美錠、遊環などのメタル素材にIP 処理を施したことで生まれた、美しい発色。メタルベゼル・ケースには、ヘアラインやミラー仕上げを施し、より質感を高めています。

また、バンドにはソフトウレタンを採用することで高い装着性と軽量化を実現しています。見た目も洗練されていて、ビジネスシーンにも使えそうな仕上がりがうれしいところです。

今回、メタルケースがブラックのモデルとブルーのモデルが加わったことで、さらに選択肢が増えた、スクエアデザインの5000シリーズ。公私に渡って、アクティブに活動する大人の毎日を支えてくれそうな1本です。