5万元の内にどれらの良い時計が買うべきですか?

前回は二万円以内で買う価値のある平価表を紹介しましたが、友達の予算がもっと高いので、一万二万円の表はやはり入門級に偏っていて、彼らの欲求を満たすことができないと思います。今回は、5万円以内の表をいくつか紹介します。正装も運動もできます。みんながもうすぐ始まる手切り旅行のために、小さな助けを提供します。
新商品の海馬300 Mは古いタイプの41 mmから42 mmにサイズを増やし、広剣状の針を採用し、夜光も強化されました。ジルコニアの陶磁器の文字盤と陶磁器の浮き輪を交換しました。もちろん、一番魅力的なのは、文字盤の水波模様と背中透です。これは前の世代に比べて一番目立った変化です。いくつかの細かいところも改善されました。例えば、カレンダーの窓が6時の位置に移動して、ディスクのレイアウトをより調和させ、テーブルの冠とボタンを大きくして、調節しやすいようにしました。搭載されているのは8800のムーブメントで、55時間の動蓄えることができます。価格は36000元の人民元ぐらいで、ヨーロッパ記を加えて最近5年間の品質保証まで延長しました。個人的には同じ価格帯のダイバーズウオッチの中で、この海馬は相手に合いません。

このカシオはロレックスよりも人気があります。

最近、百達翡翠麗Ref.2649の腕時計が蘇富比のオークションで約2700万人民元の天価を撮影しました。腕時計の投資とコレクションの価値についての議論が再び始まりました。私たちもよくこのような質問をするテーブル友達を見ます。ロレックスは最も価値のある腕時計ですか?「どの腕時計の価値保証ですか?」
多くの人が自分で買った腕時計はできるだけ価値を保ってほしいと思っていますが、実際にはほとんどの腕時計にとって、包装を分解して手にかけた時から、切り下げが始まっています。所詮、腕時計は身につけるための日用品です。絵画、書道、彫刻などの鑑賞用の純粋な芸術品とは違います。そのため、使用時間が増えるにつれて、正常な状況では必ず急激に下落します。価値を保つことができる腕時計は、それ自体が異常です。

年末が近づくと、腕時計界の新商品はまだこんなに多いです。

帝のかじといえば、多くの時計が最初に考えたのは全部碧湾のようなスポーツの時計で、彼らの正装の時計についてはいつも無意に無視していました。例えば、今年の1926年に、帝舵はこの時計を力いっぱい持ち上げたいですが、いつも波瀾が起きません。この不利な局面を逆転させるためか、帝舵は先日、駿玉シリーズのダブルカレンダー型を発売した。ブランドの代弁者ベッカムがホームにした。
新商品の駿玉のサイズは42 mm、6時の位置は小秒盤、12時の位置はダブルカレンダーです。色と材質にはいくつかのバージョンがあります。例えば、文字盤の色は銀色、黒、シャンパン色と乳白色があります。ケースの材質はスチールとゴールドなどがあります。組み合わせはとても多様です。
この時計の一番魅力的なところは外見ではなく、内部のムーブメントです。そのムーブメントのモデルはMT 5641で、70時間の動貯蔵、シリコンの遊糸とCOSCの認証を持っています。性能はとても優れています。また、背中越しにムーブメントの動きを見ることができます。唯一の欠点は、ムーブメントの厚さが7.14 mmに達するということかもしれません。正装表には少し厚みがあります。