カラーセラミック×カーボンを使ったファッショナブルな本格ダイバーズ

48万6000円+税/Ref.01125-CLNBUN-NINBU
自動巻き(Cal.EDOX011)。毎時2万8800振動。約48時間パワーリザーブ。カーボン×セラミックケース。直径45mm。500m防水。
海のF1とも称されるパワーボートの世界観を投影したエドックスの代表シリーズに加わった新素材の1本。セラミックとカーボンを交互に鍛造加工したケースは、軽量かつ堅牢で耐傷性にも優れています。ケースカラーがブルー、レッド、グレーの3色用意されているのも嬉しいところ。この先進素材を使いながら、シリーズの共通仕様であるシースルーバックで500m防水を確保した点は賞賛に値します。

大ヒット作の魅力を広げるブラックとグレーの共演

ゼニスが誇る自動巻きクロノグラフムーブメントの名機である「エル・プリメロ」に1/100秒計を加えて2017年に発表されたデファイは、いまも全国各地で話題沸騰中。この人気作に、日本だけの魅力的なバリエーションが加わることとなりました。

最新作「デファイ エル・プリメロ 21 FOR TANAKA」は、 限定30本で製作された特別仕様。 ゼニスの取り扱いに定評ある名古屋の有名正規店TANAKAと、ブランドの信頼関係から生まれたモデルです。

本機の魅力は、チタンケースのスケルトンダイアルモデルをベースに、ブラックセラミックパーツを効かせた現行品にはない組み合わせ。加えて、ゼニスの隠れたアイコンであるアリゲーター×ラバーのストラップも、グレーの特別色でまとめられています。こうした外装的な特徴が、2色カウンターやパワーリザーブインジケーターの色使いとの相乗効果で、特別感を盛り上げています。

この時計を購入できるのは、もちろんTANAKAのみ。「デファイは欲しいけど、周囲とカブりたくない!」というこだわり派の人にこそ見てほしい1本です。

“おもてなしの場 ” として、銀座の中心から世界へセイコーブランドを発信!

“見て、触れて、 体験 ” できるミュージアム、ショールーム、エンターテインメント機能を備えるだけでなく、“ おもてなしの場 ” として、銀座の中心から世界へセイコーブランドをダイレクトに発信する新たな拠点「セイコードリームスクエア」。

気品に満ちた大人の街・銀座は、同時に最新のハイファッション・文化に出会える場所でもあります。また、近年はツーリストの急増により、日本全国だけでなく世界に開かれた商業地としてもその名が広く知られています。そんな銀座の中心である4丁目にオープンするのが、「セイコードリームスクエア」なのです。

セイコーの新拠点に一歩足を踏み入れると、まず目に入るのが、銀座の街のランドマークであり、セイコーの歴史のシンボルのひとつ、銀座・和光の時計塔の内部空間をコンセプトとしたミュージアムです。また、各フロアでは、「ドリームスクエア」の名に相応しい洗練された演出で、セイコーの主力ブラン ド で あ る 「プロスペックス」「プレザージュ」「ルキア」 そして「アストロン」が持つそれぞれの世界観に触れるとともに、日本の ” おもてなし” の詰まったショッピング体験を楽しむことができます。

今回「セイコードリームスクエア」の誕生で、セイコーウオッチの銀座での展開は高価格帯の充実した「和光本館」(4丁目交差点)と「セイコープレミアムブティック 銀座」(7丁目)、グローバルブランドを幅広く揃える「セイコーブティック」(GINZA SIX 5F)と合わせ4拠点体制となります。