紳士淑女のスタイルを再現アールデコ時計が人気

その結果、時々レトロはエレガンスの原点を辿るノスタルジックなアドベンチャー・ジャーニーになり、ファッション評論家の注目を集める一方で、レトロが人気のトレンドとなっています。レトロは現代の市場環境では非常に微妙な言葉であることをここで指摘しておかなければなりません。クラシックモデルの復活かもしれないし、露天商が売っている偽物かもしれません。もちろん、時計ファンにとって、レトロな時計の熱狂的な追求は、時計の開発の歴史を理解することの外にあることは明らかで、レプリカ時計は、これまで人々が語っていた輝かしい過去の時代であることがよくあります。

2002年、ロンジンは忘れられていた1920年代の美学をすべての人の目に再びもたらすことを決定し、新しい時計シリーズを発表し、モダンな要素で元の創造性を再設計し、ロンジンエレガントシリーズレスエレガントウォッチが誕生しました。ロンジンは、毎年異なるレエレガントシリーズの時計を持ち、20世紀初頭に世界の時計業界にも大きな変化をもたらしたアールデコデザインを記念するために、形の異なる3つの女性用時計があります。

2010年版のレエレガントシリーズを例にとると、現在もリリースされている3つのモデルの女性用時計であり、外観は赤、黄、白の3色、つまりローズゴールド、ゴールド、ホワイトゴールドに置き換えられています。 1920年代に多くのマテリアルスタイルで登場した場合、それはセンセーションを起こすに違いありません。

セラミック時計はもっと楽しいです、いつもこんなに高く売る理由があります

かつて、本物の金と銀だけがアイデンティティのシンボルであると考え、人々はロレックスの金の時計だけを認識していました。時間の経過とともに、金の時計は徐々にクラシックなスタイルになり、新興の素材がファッションの段階に入り、時計の素材のトレンドをリードしています セラミックの質感もそのひとつ。

セラミック時計がなぜこんなに高いのか、多くの人が不思議に思っています。 誰もが知っているように、セラミックテクスチャには独自の固有の属性があります。これは、よりポータブルで、すべてのブランドが製造できるわけではありません。 以下では、セラミック時計の謎を明らかにし、セラミック時計がなぜそれほど高価なのかを説明します。

ハミルトンは成都春熙路時計文化祭で新しい120周年テーマツアーでデビューしました

ハミルトンは、中秋のナショナルデーの間に、成都で開催された春熙路時計文化祭に新しい120周年テーマツアーで出展しました。 オレンジ色の展示ホールを備えたダークグレーブラック全体は、ハミルトンのモダンなデザインと個々の自由なスタイルを反映しており、前部と後部と上は、ハミルトンのロゴ「H」でいっぱいです。 モダンなデザインコンセプトと一流のスイスの職人の技に支えられて、120年の歴史が2012年に新しい時計に蓄積されました。このイベントでは、最新のシリーズの多くが成都の時計ファンと密接に連絡しています。 さらに、第二次世界大戦の兵士の生きた像や黒をテーマにしたダンスなどのパフォーマンスアイテムも消費者を惹きつけました。