リシャールミルジャパン基金 チャリティオークション 2020 第2弾に

リシャールミルジャパン株式会社は2011年より東日本大震災、2016年からは熊本地震に対する復興支援を、またリシャール・ミル ファミリーが運営している財団等へのサポートを目的として、継続したチャリティ活動を行っています。

2018年からはチャリティ活動をより一層明確にするために「リシャールミルジャパン基金」を設立しました。

2020年は第1弾「RM 67-02 フェルナンド・アロンソ プロトタイプ」に続き、第2弾として「RM 67-02 マクラーレン プロトタイプ」が出品されます。こちらの落札金額の全額(消費税別)は、パリ 脳研究所(ICM)へ寄付をされます。弊店はスーパーコピー時計のN工場直販店です。スーパーコピー腕時計出荷品毎に厳しい検査が行われていますので、品質についてはご安心してください。

オーデマ ピゲ「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ グランドソヌリ カリヨン スーパーソヌリ」

2020年の新作としてオーデマ ピゲより、「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」コレクションに「グランドソヌリ カリヨン スーパーソヌリ」の5ピースを加えました。それぞれにアニタ・ポルシェのアトリエが制作したオーダーメイドの独創的なエナメルダイヤルが施さされています。

これらの洗練されたウォッチは、常に新たな技術をとり入れながら世代を超えて伝統のクラフツマンシップを大切に守り育ててきた人々へのトリビュートでもあります。

ソヌリウォッチは14世紀、ダイヤルのない時計が時をチャイムにより告げていた時代の計時システムにさかのぼります。オーデマピゲは1875年の創業時からソヌリのメカニズムを得意としていました。複雑なグランドソヌリ、プチソヌリ、ミニッツリピーターなどのメカニズムを今日まで製造し続けています。今日オーデマ ピゲでは片手で数えられるほどの少数の熟練時計師たちがグランドソヌリの組立と調整を行っています。グランドソヌリはオートオルロジュリーの歴史の中で最も洗練されたコンプリケーションの一つとされています

グランドソヌリウォッチの複雑性と希少性を祝い、オーデマピゲはスイスの著名なエナメル工芸家アニタ・ポルシェと提携し、ハンドクラフトの「グラン・フー」エナメルのダイヤルを制作しました。アニタが取り組んだのは、アンティークゴールドのスパンコール(“paillons”)を代々受け継がれてきた技術や伝統と現代的デザインをシームレスに融合させたエナメルダイヤルの三部作です。アニタ・ポルシェの芸術的な感性とノウハウは、スイスの伝統のオートオルロジュリーマニュファクチュールのタイムピースに生かされ、コンプリケーションタイムピースに洗練されたアートの装いを与えました。 残りの2つのピースについては、アニタ・ポルシェのアトリエによるお客様仕様のエナメルダイヤルをオーダーすることができます。弊店はスーパーコピー時計のN工場直販店です。スーパーコピー腕時計出荷品毎に厳しい検査が行われていますので、品質についてはご安心してください。